年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金保険料の繰上徴収

年金保険料の繰上徴収


厚生年金保険の納付義務者(事業主)が、次のいずれかに該当する場合、納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。

(1)国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき

(2)強制執行を受けるとき

(3)破産宣告を受けた時

(4)企業担保権の実行手続きの開始があったとき

(5)競売の開始があったとき

(6)法人たる納付義務者が解散したとき

(7)被保険者の使用される事業所が廃止されたとき

(8)被保険者の使用される船舶について船舶所有者の変更がったとき、又は当該船舶が滅失、沈没若しくは全く運行に耐えられなくなるに至ったとき


関連記事

今までは珍しく、あまり知られていなかったことでも、時が経過して大きな問題となることがあります。 DV(ドメスティックバイオレ...


厚生年金保険の事業所には、法律上当然に加入しなければならない強制適用事業所、加入義務のない事業所が加入した場合の任意適用事業所、そして、強制...


日本の公的年金制度(国民年金・厚生年金保険)は強制加入であり、働いている現役世代と呼ばれる人たちは年金保険料を納付して老人・障...


年金制度の第1号被保険者は、20歳から60歳までの40年間、国民年金に加入して保険料を自分で納付しなければなりません。 しか...


公的年金制度は強制加入であり、20歳になるか、20歳前でも就職すると被保険者となって年金保険料を納付しなければなりません。 ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です