年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 遺族基礎年金の額

遺族基礎年金の額


平成29年度の遺族基礎年金の支給額は、779,300円です。
月64,941円で、去年の支給額から月額67円減ります。

ただし、子の数によって次のような加算が行われます。夫・妻がいる場合といない場合とでは加算方法が異なるので気を付けてください。

夫・妻がいる場合の加算額
1人目の子供 224,300円
2人目の子供 224,300円
3人目以降 一人につき 74,800円

夫・妻がいない場合(子のみの場合)の加算額
1人目の子供 なし
2人目の子供 224,300円
3人目以降 一人につき 74,800円

なお、複数の子が受給権者となる場合、各々が受け取る額は、総額を子の数で除して得た額です。



遺族基礎年金の増額改定

妻が遺族基礎年金の受給権を取得した当時胎児であった子が生まれたときは、年金額が増額されます。

遺族基礎年金額が増えるのは、胎児が生まれたときのみです。

年金額の改定は、胎児が生まれた日の属する月の翌月から行われます。



遺族基礎年金の減額改定

夫・妻が受給権者の場合
子が2人以上いる場合で、そのうち1人を除いた子が、次のいずれかの事由に該当した場合、その日の属する月の翌月から、遺族基礎年金が減額されます。

(1)死亡したとき

(2)婚姻(事実上の婚姻関係を含む)をしたとき

(3)夫・妻以外の者の養子(事実上の養子縁組関係を含む)となったとき

(4)離縁によって、死亡した被保険者又は被保険者であった者の子でなくなったとき

(5)夫・妻と生計を同じくしなくなったとき

(6)18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき。ただし、障害等級1級・2級に該当する障害の状態にあるときは、20歳に達したとき

(7)20歳未満で障害等級1級・2級に該当する障害を有する子の障害が回復し、障害等級1級・2級に該当しなくなったとき。ただし、その子が18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるときを除きます

子が受給権者の場合
上記理由により、子の数が増減したときは、その翌月から遺族基礎年金額が改定されます。


関連記事

遺族基礎年金は、条件を満たした夫・妻・子が受給できますが、条件を満たさなくなったら当然に支給されなくなります。 以下のとおり、失権理由もそ...


遺族厚生年金と遺族共済年金の支給要件には、短期要件と長期要件があります。 短期要件は、死亡した者の公的年金への加入期間の月数が300未満の...


被保険者又は被保険者であった者が死亡した場合において、下記のいずれかの支給要件を満たしていれば、遺族厚生年金が支給されます。 この支給要件...


被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時(失踪の宣告を受けた場合は行方不明となった当時)、その者によって生計を維持していた次の者に遺族厚生...


下記の要件を満たす夫・妻又は子に遺族基礎年金が支給されます。 [myphp file='ads1'] 夫・妻の要件 夫・妻(事実上婚姻...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です