年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 遺族基礎年金の支給停止

遺族基礎年金の支給停止


遺族基礎年金は以下のいずれかに該当した場合に支給停止されますが、その理由がやんだときは支給が再開されます。

ただし、申請しないと支給再開されないので早めに手続きしてください。



夫・妻と子に共通の遺族基礎年金の支給停止事由

被保険者又は被保険者であった者の死亡について、労働基準法の規定による遺族補償が行われるべきでものであるときは、死亡日から6年間、遺族基礎年金が支給停止されます。

夫・妻特有の遺族基礎年金の支給停止事由

遺族基礎年金の受給権者である妻の所在が1年以上明らかでないときは、受給権を有する子の申請により、その所在が明らかでなくなったときにさかのぼって、その支給が停止されます。

この場合、夫・妻は、いつでも、支給停止の解除を申請することができます。



子特有の遺族基礎年金の支給停止事由

子に対する遺族基礎年金は、上記の共通事由に加え、次のいずれかに該当したときにも支給停止されます。

(1)夫・妻が遺族基礎年金の受給権を有するとき
ただし、上記にある夫・妻特有の支給停止事由に該当しその支給を停止されているときと、夫・妻自身が支給停止の申し出をしているときを除きます

(2)生計を同じくするその子の父若しくは母がいるとき
夫・妻が再婚した場合、夫・妻の受給権は消滅し、子のみが受給権を有することになります。ただし、この子が父親・母親及びその再婚相手と生計を同じくする場合、遺族基礎年金の支給は停止されます。

(3)遺族基礎年金の受給権を有する子が2人以上いる場合において、その内の1人以上の子の所在が1年以上明らかでないときは、他の子の申請により、その所在が明らかでなくなったときにさかのぼって、その支給が停止されます。

子は、いつでも、支給停止の解除を申請することができます。


関連記事

下記の要件を満たす夫・妻又は子に遺族基礎年金が支給されます。 [myphp file='ads1'] 夫・妻の要件 夫・妻(事実上婚姻...


被保険者又は被保険者であった者が死亡した場合において、下記のいずれかの支給要件を満たしていれば、遺族厚生年金が支給されます。 この支給要件...


被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時(失踪の宣告を受けた場合は行方不明となった当時)、その者によって生計を維持していた次の者に遺族厚生...


一定の要件を満たす被保険者若しくは被保険者であった者が死亡したときに支給されるのが遺族基礎年金です。 この支給要件には、下記のように短期要...


遺族厚生年金の支給額は、報酬比例の年金額 X 3 / 4で算出します。 この報酬比例の年金額は、老齢厚生年金と同様に計算した額です。 報...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です