年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 自営業者が会社勤めになった場合について

自営業者が会社勤めになった場合について


私は自営業者で、私と妻は国民年金に加入しています。また、私は国民年金年金基金に加入し、妻は付加年金を納めています。

私が、将来厚生年金に変わった場合は、それまで収めていた、私の国民年金年金基金と、妻の付加年金は、掛け捨てになってしまうのでしょうか?不安です。

質問日 : 2009年4月4日



国民年金基金の掛け金も付加年金も掛け捨てではないので、将来の年金額にしっかり反映されます。ご安心ください。

ただし、加入期間15年未満の者(60歳まで加入員であった者を除く)については、それぞれの国民年金基金からではなく、国民年金基金連合会から給付が行われることになります。給付されることに違いはないので問題はないでしょう。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

年金手帳を受領したか否か不明の状況で、年金手帳が手許にも、会社にもありません。 有るのは、『厚生年金保険被保険者証』と『基礎年金番号通知書...


小生は昭和23年8月生まれです。 満60才で、基礎年金の加入期間が30年前後でした。 30年以上共済年金に加入しており、現在でも公務員で...


3か月前に会社を退職しまして国民年金へ切り替えの届けをしていなかったため、年金事務所より届けの申請をしてくださいと通知がきました。 ...


住民票の住所変更とは別に、年金の住所変更の届出が必要なのでしょうか? また、住所変更の届出が14日以内となっていますが、届出が必要...


今は主人の厚生年金に入っています。 近いうちに離婚する事になると思うのですが、娘と自分は新たに保険に加入すると思うのです。でも今は海外で生...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です