年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 扶養控除と被扶養者の違いについて

扶養控除と被扶養者の違いについて


昨年の確定申告の時に配偶者の収入が多く健康保険の対象外になりました。

但し、扶養控除の対象とはなったのですが、今回確認すると国民年金保険を1月から払っていることを確認しました。

扶養控除の対象者であれば、第3号で個別に保険を払わなくていいと思っていましたが、違いますか?

その場合、どんな対処がいいでしょうか?

尚、今回の確定申告で健康保険も復帰することを交渉しようと思っています。

質問日 : 2009年11月23日



健康保険の被扶養者が国民年金の第3号被保険者です。

扶養控除と被扶養者・第3号被保険者の基準は異なります。

また、交渉してどうなるものではなく、条件に当てはまるか否かによって事務的に決定されるので、話し合いの余地はありません。

配偶者の方の労働時間を減らしてもらって、収入を抑えるしかありません。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

海外(北米)在住です。 年金を支給される年齢までまだ15年ありますが、気になることがあってお伺いいたします。 海外移住者に支払われ...


アイヴィジットというところから年金保険料のことで大切なお知らせがあると留守電が入っていましたが、怪しいところではないでしょうか。 お忙しい...


最近結婚しまして、共働きの妻が会社を辞め、私の扶養家族になりました。実は現在、私はイギリスに住んでおり、妻も近々にイギリスにくることになって...


従業員の妻が8/20で二十歳になるので国民年金3号被保険者届けを提出します。 用紙の基礎年金番号記入欄の記入は、現在年金手帳を持っていない...


勤務先の運送会社(株)が、厚生年金に加入していません。 従業員は、正社員が常時5名以上います。 厚生年金に加入してほしいと申...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です