年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 独身者が亡くなった場合の年金について

独身者が亡くなった場合の年金について


国民年金に加入しております。
現在59才独身で独り暮らしです。

65才までに仮に私が死亡した場合、国民年金、厚生年金保険、両方たした支給されるべき金額はどうなるのでしょうか。

私が納めた金額返ってくるのでしょうか。教えてください。

質問日 : 2009年11月10日



国民年金においては、条件を満たせば死亡一時金が支給されます。

ただし、死亡の当時、生計を同じくしていた同居の配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹しか受給できません。

YNさんは一人暮らしとのことなので、一切、支給されないことになります。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

子供が母親死亡の後支給されていた遺族基礎年金ですが、子の父親の再婚により支給が停止されました。 このようなケースにおいて父親が離婚した場合...


主人は会社勤めのサラリーマンです。 私の父が亡くなり相続をし、不動産所得があり確定申告もしています。 扶養家族も外れました。 ...


現在、遺族厚生年金を頂いておりますが、国民年金を60歳までに5年間、掛けておりました。 65歳になったとき、この国民年金は頂けるので...


現在78歳の国民年金・厚生年金・老齢基礎年金の受給者です。 小生の死亡後に、妻(74歳)は継続して年金をどのようなかたちで受給できますか&...


妹の事で相談します。 X年秋に再婚した配偶者と死別し、遺族年金を貰っています。 この度、復氏して結婚前の姓に戻る手続き...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です