年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 子に対する遺族基礎年金の支給停止について

子に対する遺族基礎年金の支給停止について


子供が母親死亡の後支給されていた遺族基礎年金ですが、子の父親の再婚により支給が停止されました。

このようなケースにおいて父親が離婚した場合、子への遺族年金は再び支給されるのですか?

質問日 : 2011年7月18日



子への遺族基礎年金は、生計を同じくするその子の父若しくは母がいる時は支給停止されます。

したがって、離婚しても父親と生計を同じくすれば支給されたままです。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

主人は会社勤めのサラリーマンです。 私の父が亡くなり相続をし、不動産所得があり確定申告もしています。 扶養家族も外れました。 ...


国民年金に加入しております。 現在59才独身で独り暮らしです。 65才までに仮に私が死亡した場合、国民年金、厚生年金保険、両...


遺族年金について。 私は現在3X歳で父(7X歳)と母(6X歳)と同居しており、別地にて兄(3X歳)があります。 父と母は離婚してお...


現在、遺族厚生年金を頂いておりますが、国民年金を60歳までに5年間、掛けておりました。 65歳になったとき、この国民年金は頂けるので...


現在78歳の国民年金・厚生年金・老齢基礎年金の受給者です。 小生の死亡後に、妻(74歳)は継続して年金をどのようなかたちで受給できますか&...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です