年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 外国人妻の任意加入について

外国人妻の任意加入について


妻は日本国籍を持たないXX国籍で、3年の在留資格取得と同時に第一号被保険者となり、7年間保険料を支払ってきました。

この度、私の仕事の都合上、海外に赴任し、住民票等を転出することになりました。

保険料の支払い等は自動振込みで問題は有りませんが、一時的に(約X年間)在留資格を放棄する事に成りますが、その際に免除手続きを取ると、支払い期間不十分で支給に影響をもたらすため、在留資格と関係なしに国民年金は加入できますか?

日本人配偶者で、海外に在住する場合、問題はありませんか?

質問日 : 2012年2月20日



しばらくの間、海外で生活する場合は、国民年金に任意加入することができます。

ただし、その条件は、『日本国籍を有する者であって、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者』となっています。

KYさんの奥さんは日本国籍を有しておらず、したがって、任意加入することができないことになります。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

息子の案件です。 結婚して2児を持ち、嫁は専業主婦です。 子は、派遣社員(請負?)で 月17万ほどの手取りだそうです...


7月XX日まで旦那の扶養で第3号被保険者でした。 それから、失業保険を給付期間になったため手続きをし、7月XX日から第1号被保険者に変わり...


夫の会社は厚生年金を扱っていないため国民年金に加入しています。 その妻(私)はパートで働いていますが年収は100万程です。 その場合は、...


先日、20歳になる息子宛てに国民年金加入の封書が届きました。 厚生年金に入っている私の扶養家族である息子ですが、国民年金に入らなくてはなら...


娘のことです。 現在厚生年金に加入していますが、来年退職し結婚して海外に行く予定です。 相手の方の籍が関西なのでそちらに入籍して...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です