年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 被保険者の種別に変更があった月について

被保険者の種別に変更があった月について


7月XX日まで旦那の扶養で第3号被保険者でした。

それから、失業保険を給付期間になったため手続きをし、7月XX日から第1号被保険者に変わりました。

そして、先日、国民年金保険料の納付書が家に届きました。

その中には7月分の保険料の納付書も入っていたのですが、この場合、7月はX日だけですが、全額払わないといけないのですか?

無知なので、すみませんが回答よろしくお願いいたします。

質問日 : 2012年9月5日



種別に変更があった月は、最後の種別の被保険者となります。

つまり、ASさんの場合、7月は第1号被保険者であったとみなされるため7月分の保険料を納付しなければなりません。

日数ではなく、あくまでも最後にどの種類の被保険者であったかで決まります。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

数年前に日本の企業を退職し、現在海外で働いて(在住して)います。 年金の積み立ては停止したままです。 日本の住民票は転出済みではあるが...


妻は日本国籍を持たないXX国籍で、3年の在留資格取得と同時に第一号被保険者となり、7年間保険料を支払ってきました。 この度、私の仕事の都合...


息子の案件です。 結婚して2児を持ち、嫁は専業主婦です。 子は、派遣社員(請負?)で 月17万ほどの手取りだそうです...


先日、20歳になる息子宛てに国民年金加入の封書が届きました。 厚生年金に入っている私の扶養家族である息子ですが、国民年金に入らなくてはなら...


娘のことです。 現在厚生年金に加入していますが、来年退職し結婚して海外に行く予定です。 相手の方の籍が関西なのでそちらに入籍して...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です