年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 結婚後の妻の保険料納付について

結婚後の妻の保険料納付について


今年の2月に結婚をしたのですが、妻は、仕事をやめて一年くらい無職だったのですが、その期間は、半額免除の期間と猶予の期間になったのですが、結婚した2月以降の保険料は、社会保険で会社のほうで差し引かれるのでしょうか?

質問日 : 2006年6月22日



この質問文からは、今現在、Aさんの奥さんが就職しているとも、していないともとれるので両方のパターンについて説明させていただきます。

<奥さんが就職していない場合>
奥さんが就職しておらず、旦那さんが社会保険の適用事業所に勤めている場合は、奥さんは第3号被保険者となり、保険料を支払わなくてもよくなります。つまり、旦那さんが国民年金の保険料と厚生年金保険の保険料を支払うことによって、奥さんは国民年金を支払ったことになります。ですから、個別に納める必要はありません。また、この場合の手続きは、第2号被保険者を使用する事業所がすることになっています。

もし、旦那さんが国民年金の第1号被保険者(自営業など)の場合は、奥さんも国民年金の第1号被保険者となり、保険料を納めなければいけなくなります。その場合、世帯主や配偶者が納付できる場合は免除されません。

<奥さんが就職している場合>
奥さんが社会保険の適用事業所に就職している場合は、奥さん自身が第2号被保険者となり、月々の給料から社会保険料が差し引かれます。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

私は今失業中なのですが 社会保険事務所から国民年金を20万ほど支払って下さいという 支払い用紙が送られて来ました。 支払い能力が今現在無い...


19XX年9月生れの5X歳でございます。 19XX年に結婚して第3号被保険者になるまで未納のまま参りました。 その間の保険料を追納...


国民年金を一年分口座振替で一括前納している者ですが、支払いが苦しいので一カ月ずつの支払いに戻したいので方法を教えてほしい。 それと年収が約...


4月30日付でMA(妻)の平成22年4月~平成23年3月前納分、金額177,400円が口座から引き落とされていなかったので岡山西年金事務所で...


昭和44年3月XX日生まれです。22歳相当時期(H3.4.1)に加入した記録が残っています。 当時、浪人などせずに6年制の大学に通学してお...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です