年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» 老齢年金

老齢年金


老齢基礎年金の計算(試算)

保険料納付済期間、保険料免除期間を入力するだけで、老齢基礎年金の支給額が簡単にわかります。

老齢基礎年金の支給要件

将来、老齢基礎年金の支給を受けるには、受給資格期間が原則10年以上なければなりません。

保険料納付済期間

保険料を実際に納めた期間、若しくは、納めたとみなされる期間のことで、老齢基礎年金の受給資格期間・年金額にすべて反映されます。

保険料免除期間

第1号被保険者が国民年金保険料の免除を受けた期間で、受給資格の判断には反映されますが、老齢基礎年金額の計算においては減額されます。

合算対象期間

受給資格期間原則10年以上の計算には算入されますが、老齢基礎年金額の計算には全く反映されない期間です。

受給資格期間の短縮

年齢の高い方は、年金制度への加入可能な期間が短いため、受給資格期間が短縮されます。

老齢基礎年金の支給額

老齢基礎年金額は毎年4月に決定され、保険料免除期間があるとその反映率に応じて減額支給されます。

老齢基礎年金の支給期間

老齢基礎年金は65歳から支給を受けることができますが、必要書類を添付し、請求する必要があります。

老齢基礎年金の繰上げ支給

本来、65歳から支給される老齢基礎年金を前もって受ける制度です。その場合、一生、減額した額が支給されます。

老齢基礎年金の繰下げ支給

66歳以後から老齢基礎年金を受給することにより、一生、増額した年金を受けることができます。

振替加算

厚生年金保険法の加給年金額は、対象となる被扶養配偶者が65歳に達すると支給停止され、代わりに国民年金法の振替加算が行われます。

平均標準報酬月額

法改正により、平成15年4月以後の平均標準報酬額には、ボーナス等の賞与を含めます。

報酬比例部分

厚生年金保険の年金額の基礎となる報酬比例部分は、平均標準報酬額を基に計算されます。

60歳代後半の老齢厚生年金

国民年金の受給資格期間を満たし、厚生年金保険の被保険者期間が1ヶ月以上ある者は、65歳から老齢厚生年金が支給されます。