年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 20歳前傷病による障害基礎年金

20歳前傷病による障害基礎年金


国民年金は20歳からの加入となるため、それ以前の障害に対しては、本来、年金が支給されません。

しかし、社会福祉的観念から、国民年金ではこの未加入期間中の障害に対しても、次の支給要件を満たせば、20前傷病による障害基礎年金が支給されます。

(1)初診日に20歳未満であること

(2)20歳に達した日又は障害認定日のどちらか遅い方の日に、障害等級1級又は2級に該当していること

(3)20歳に達した日又は障害認定日に障害等級1級又は2級に該当しない障害が、その後障害の程度が増進し、65歳に達する日の前日までの間に障害等級1級又は2級の状態に該当し請求すること

なお、国民年金の第2号被保険者は、20歳前でも被保険者なので、一般の障害基礎年金一般の障害厚生年金が支給されます。



20歳前傷病による障害基礎年金独特の支給停止事由

この20歳前傷病による障害基礎年金には、本来の支給停止事由に加え、以下に記す独特な支給停止事由があります。

(1)恩給法に基づく年金給付、労働者災害補償保険法の規定による年金給付、その他政令で定める年金給付を受けることができるとき
ただし、これら年金給付が全額支給停止されているときは除く

(2)監獄、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されているとき

(3)少年院その他これに準ずる施設に収容されているとき

(4)日本国内に住所を有しないとき

(5)受給権者の前年の所得が、所得税法に規定する控除対象配偶者及び扶養親族の有無及び数に応じて、政令で定める額を超えるとき

その年の8月から翌年の7月まで支給停止されます
支給停止額は、所得に応じて、全部又は2分の1です
子の加算額を除いて2分の1を計算します
震災、風水害、火災等により本人または控除対象配偶者若しくは扶養親族の所有する財産が被害にあった場合、その被害金額がその価格の概ね2分の1以上であるときは、その損害を受けた月から翌年の7月まで、所得を理由とする支給停止は行われません


関連記事

障害等級(1級・2級)に該当しない程度の障害を有する者が、その後、別の新たな傷病(基準傷病)を負い、前後の障害を併合して初めて障害等級1級又...


障害厚生年金の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)初診日に厚生年金保険の被保険者であること &#...


次の支給要件をすべて満たした場合、初めて2級による障害厚生年金が支給されます。 (1)障害等級1級又は2級に該当しない程度の障害を有してい...


障害基礎年金・障害厚生年金の受給権は、次のいずれかに該当したときに消滅します。 (1)受給権者が死亡したとき (2)障害厚生年金3...


事後重症制度の適用を受けるには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)障害認定日に障害等級(1級・2級・3級)に該当しない程度の障...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です