年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 障害基礎年金の額と子の加算

障害基礎年金の額と子の加算


障害基礎年金の額は、被保険者期間の長短を問わず定額です。

支給要件を満たせば、加入直後に負った障害に対しても、下記の額が支給されます。

平成28年度の障害基礎年金額
1級 974,125円(2級の金額 X 1.25) + 子の加算
2級 779,300円 + 子の加算



障害基礎年金額の改定

障害の程度が変わった場合、厚生労働大臣の職権で、障害基礎年金額が改定されます。

また、受給権者は、厚生労働大臣に対して、障害の程度が増進したことを理由に、障害基礎年金額の改定を請求することができます。

この受給権者による改定請求は、障害基礎年金の受給権を取得した日又は厚生労働大臣の診査を受けた日から起算して1年を経過し日後でなければ行うことができません。

ただし、障害の程度が明らかに重くなった場合は、1年以内でも改定請求できます。

なお、障害が併合された場合にも年金額が改定されます。

子の加算

障害基礎年金は、次の要件すべてに該当する子の数に応じて、加算が行われます。

(1)受給権者によって生計を維持しているその者の子であること
将来にわたって850万円以上の収入がないこと

(2)18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子、又は、20歳未満であって障害等級1級又は2級に該当する障害の状態にある子であること
18歳到達年度末までに障害等級2級以上になれば20歳まで加算対象となります

子の加算額
1人目と2人目は224,300円、3人目からは74,800円が加算されます。
加算対象の子が3人の場合、224,300円 X 2 + 74,800円 = 523,400円の加算となります。



子の加算額の減額

加算対象となっている子が、次のいずれかに該当した場合、翌月から加算額が減額されます。

(1)死亡したとき

(2)受給権者による生計維持の状態がやんだとき

(3)婚姻したとき

(4)受給権者の配偶者以外の者の養子となったとき

(5)離縁によって、受給権者の子でなくなったとき

(6)18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき
ただし、障害等級1級又は2級に該当する障害を有する場合を除く

(7)有する障害が、障害等級に該当しなくなったとき
ただし、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるときを除く

(8)20歳に達したとき

障害基礎年金と軽度の障害(その他障害)

障害基礎年金の受給権者に、更に、障害等級1級又は2級に該当しないその他障害(程度が軽度な障害)が発生し、その他障害の障害認定日以後65歳に達する日の前日までの間に、前後の障害を併合した障害の程度が従前の障害よりも増進した場合は、厚生労働大臣に対して障害基礎年金額の改定を請求することができます。

ただし、その他障害の認定日において初診日要件と保険料納付要件を満たしている必要があります。

そして、請求も65歳に達する日の前日までに行う必要があります。


関連記事

障害年金の受給条件を判断する上で理解が必要な次の3つの用語について説明いたします。 法律用語なので分かりづらいとは思いますが、以下の説明を...


事後重症制度の適用を受けるには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)障害認定日に障害等級(1級・2級・3級)に該当しない程度の障...


障害基礎年金の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)初診日に被保険者であること、又は、被保険者であった者であ...


国民年金は20歳からの加入となるため、それ以前の障害に対しては、本来、年金が支給されません。 しかし、社会福祉的観念から、国民年金ではこの...


障害厚生年金の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)初診日に厚生年金保険の被保険者であること &#...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です