年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 保険料納付済期間

保険料納付済期間


国民年金の第1号被保険者は自分で保険料を納付し、第2号被保険者は本人と事業主が折半負担で、事業主が保険料を納付しています。

そして、第3号被保険者は保険料を納付していませんが、納付したものとみなされます。

この納付した期間、若しくは、納付したものとみなされる期間が保険料納付済期間で、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の受給資格の有無を判断する材料になります。

老齢基礎年金においては、支給される年金額にも反映される重要な期間です。

なお、保険料納付済期間は、受給資格期間原則10年以上の判断、老齢基礎年金額の計算においてすべてが算入されます。



保険料納付済期間になる期間

(1)第1号被保険者期間(任意加入被保険者を含む)のうち保険料を納付した期間

(2)第2号被保険者期間のうち20歳以上60歳未満の期間
ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については20歳前の期間及び60歳以後の期間についても保険料納付済期間とされます

(3)第3号被保険者期間

(4)昭和61年4月1日前の国民年金の被保険者期間(任意加入被保険者を含む)のうち保険料を納付した期間

(5)昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの厚生年金保険・船員保険の被保険者期間及び共済組合等の組合員・加入者期間のうち20歳以上60歳未満の期間
ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については、昭和36年4月1日前の期間についても保険料納付済期間とされます


関連記事

老齢基礎年金と老齢厚生年金は、その名の通り、受給資格期間を満たした者が年を取った時にもらえる年金です。 障害年金と遺族年金は一部の方のみが...


2017年(平成29年)8月1日より、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給資格期間は、10年以上に短縮されています。 したがって、以下の情報は...


65歳からの老齢厚生年金を受給するためには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)厚生年金保険の被保険者期間を1ヶ月以上有すること...


[SWF]http://www.nenkin-note.net/old-age/flash/rourei-calculation.sw...


昭和61年4月前(旧国民年金法)においては、厚生年金保険被保険者の被扶養配偶者(妻・夫)は、国民年金への加入を任意とされていました。 した...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です