年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 平均標準報酬月額

平均標準報酬月額


厚生年金保険の保険料は収入により変化し、納付した額が保険給付にも反映されます。

したがって、厚生年金保険の保険給付額を計算する場合には、毎月の給料の平均を利用するのです。

この平均額のことを平均標準報酬月額と言いますが、平成15年4月を境に以下のような違いがあります。これは、法改正により、平成15年4月からボーナス等の賞与も保険料の対象となったためです。

平成15年3月まで
標準報酬月額 X 再評価率 / 平成15年3月以前の被保険者期間の月数

平成15年4月以後
標準報酬額・標準賞与額 X 再評価率 / 平成15年4月以後の被保険者期間の月数



ただし、過去と現在の賃金水準の違いを考慮し、次の特例が設けられています。

(1)昭和32年10月以後のものを対象として標準報酬月額を計算します

(2)標準報酬月額の10,000円(船員の場合は12,000円)未満は、10,000円(船員は12,000円)とする

被保険者期間が20年(期間短縮特例該当者はその期間)以上あり、第3種被保険者期間(坑内員・船員)がある者は、平均標準報酬月額・年金額の計算において、次のように計算します。

・昭和61年4月前の期間 (実期間 X 4/3。戦時加算あり
・昭和61年4月から平成3年3月までの期間 (実期間 X 6/5
・平成3年4月以後の期間 (実期間
平均標準報酬月額を計算する場合には、実際の月数で割ります


関連記事

国民年金の第1号被保険者は自分で保険料を納付し、第2号被保険者は本人と事業主が折半負担で、事業主が保険料を納付しています。 そして、第3号...


自営業者や失業中の者、アルバイト、フリーターなど国民年金の第1号被保険者は、自分で保険料を納付しなければなりません。 しかし、所得が少ない...


昭和61年4月前(旧国民年金法)においては、厚生年金保険被保険者の被扶養配偶者(妻・夫)は、国民年金への加入を任意とされていました。 した...


平成29年度の老齢基礎年金支給額 779,300円 月額64,941円で、去年の支給額から月額67円減ります。 年金額...


本来、65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、66歳以上から支給を受けることにより支給額を増やすことができます。その場合、付加...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です