年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 60歳代後半の老齢厚生年金

60歳代後半の老齢厚生年金


65歳からの老齢厚生年金を受給するためには、次の要件をすべて満たす必要があります。

(1)厚生年金保険の被保険者期間を1ヶ月以上有すること

(2)65歳以上であること

(3)国民年金の受給資格期間が10年以上であること

以上の要件を満たした者に対して、65歳になった月の翌月から死亡した月まで支給されます。

ただし、65歳以後に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたときは、その月の翌月から支給されます。

なお、老齢厚生年金の繰上げ支給制度は、平成14年4月に廃止され、今現在は行われておりません。



60歳代後半の老齢厚生年金の支給額

65歳から支給される老齢厚生年金の支給額は、60歳代前半の老齢厚生年金の報酬比例部分と同額です。計算式もそれによります。

老齢厚生年金の額は、受給権者がその権利を取得した月前の被保険者期間を基礎に計算します。

しかし、受給権者がその被保険者資格を喪失し、その後、被保険者となることなく1ヶ月経過したときは、資格を喪失した月前における被保険者であった期間を基に老齢厚生年金額を計算します。

年金額の改定は、資格を喪失した日から起算して1ヶ月を経過した日の属する月からです。



在職老齢年金

受給権者が働いており被保険者の場合、60歳代後半の老齢厚生年金は、総報酬月額相当額と基本月額に応じて全部又は一部が支給停止されます。

60歳代前半の老齢厚生年金についても同様です。


関連記事

65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、諸々の事情により、それよりも早く支給を受けたい方もいると思います。 その場合に便利な...


学生は、平成3年3月まで国民年金への加入を任意とされていました。 したがって、それ以前に任意加入しなくて国民年金保険料を納めていない期間が...


平成29年度の老齢基礎年金支給額 779,300円 月額64,941円で、去年の支給額から月額67円減ります。 年金額...


国民年金の第1号被保険者は自分で保険料を納付し、第2号被保険者は本人と事業主が折半負担で、事業主が保険料を納付しています。 そして、第3号...


老齢基礎年金と老齢厚生年金は、その名の通り、受給資格期間を満たした者が年を取った時にもらえる年金です。 障害年金と遺族年金は一部の方のみが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です