年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 付加年金制度の始まりについて

付加年金制度の始まりについて


付加年金制度はいつから出来たのですか?

質問日 : 2009年6月8日



昭和45年10月から施行されています。

自営業者や無職の方などは厚生年金保険には加入していないので、将来の老齢年金額が少なくなってしまいます。

自営業者等:老齢基礎年金
会社員:老齢基礎年金と老齢厚生年金

自営業者等は、少しでも受給額を増やすために付加年金に加入した方がよいでしょう。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

30歳 ○○市西区 付加年金に夫婦で加入を検討していますが、区役所に用意するものはどのようなものでしょうか? 質問日 : 200...


付加年金についてお伺いします。 これから20年掛けた場合掛け金は、 400円 X 12ヶ月 X 20年 = 96,000...


同居の父母が現在、国民年金を受給しております。 付加年金ができた当初から納税組合を通じ納付していましたが(両親共)給付されていないようなの...


主人が結婚前より『付加年金』に加入しています。 ホームページの赤字だけしか読んでいないのですが、簡単に解釈すると、『月額400円』の支払で...


小生62歳の者で現在年金を頂いておりますが、常々疑問に思うのは、今までに送られてきた書類には納付した付加年金の支給金額について一度として何の...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください