年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 付加年金制度の始まりについて

付加年金制度の始まりについて


付加年金制度はいつから出来たのですか?

質問日 : 2009年6月8日



昭和45年10月から施行されています。

自営業者や無職の方などは厚生年金保険には加入していないので、将来の老齢年金額が少なくなってしまいます。

自営業者等:老齢基礎年金
会社員:老齢基礎年金と老齢厚生年金

自営業者等は、少しでも受給額を増やすために付加年金に加入した方がよいでしょう。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

同居の父母が現在、国民年金を受給しております。 付加年金ができた当初から納税組合を通じ納付していましたが(両親共)給付されていないようなの...


付加保険料は、何歳から払うことが出来ますか。また、何年払わないともらえないんですか。 質問日 : 2006年7月29日 [myphp f...


国民付加年金の掛け金は国民年金基金に加入した場合、その掛け金は無駄になるのでしょうか? 質問日 : 2009年11月18日 [m...


国民年金に加え付加年金に加入したいのですが、どちらに申し込めばよろしいでしょうか? また小額で付加できるところが魅力ですが、月々の...


国民年金の付加年金に加入したい時は、どのようにしたら良いのでしょうか? 現在57才6ヶ月です。 質問日 : 2009年2月19日...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です