年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 国民年金前納で保険料割引、メリットとデメリット

国民年金前納で保険料割引、メリットとデメリット


国民年金保険料

国民年金保険料を納めるのは、第1号被保険者のみです。

なぜならば、第2号被保険者は厚生年金保険料として給料から天引きされますし、第3号被保険者は年金保険料の納付を免除されるからです。

その国民年金保険料を納付する第1号被保険者は、翌月末日までに保険料を納付しなければならず、例えば4月分であれば5月31日が納期限となります。

しかし、第1号被保険者は不安定な職業であることから、政府としてはできるだけ確実に保険料を徴収したいということで、2年、1年、半年、当月末単位で保険料を前もって納めることができる国民年金の前納制度を設けているのが現状です。

もちろん、この国民年金の前納制度にはメリットもあればデメリットもあるので、その点について説明したいと思います。



国民年金前納の種類

国民年金には、次の5つの期間について保険料を納付できます。

平成28年度の口座振替した場合の金額です。

2年前納 377,310円 (15,690円割引) 5月2日振替
1年前納 191,030円 (4,090円割引) 5月2日振替
6ヶ月前納 96,450円 (1,110円割引) 5月2日、10月31日振替
当月末振替(早割) 16,210円 (50円割引) 毎月月末振替
翌月末振替 16,210円 (割引なし) 翌月末日振替

なお、振替日が休日の場合は翌営業日に振替されます。



国民年金前納のメリット

保険料の割引
上記の表を見ていただければ分かりますが、国民年金保険料を前納すると割引を受けられます。少ないながらも節約につながるはずです。そして、割引をしてでも国民年金保険料を徴収しようとする政府の思惑も感じ取れます。
保険料の納付し忘れがなくなる
納付書を使用して毎月納付していると、わざわざ金融機関やコンビニに行くのが面倒になったり、日々の忙しさで忘れてしまうこともあるでしょう。しかし、前納すれば納付し忘れがなくなります。
2年前納は節税効果がある
国民年金保険料は収入から控除できるので、収入が多くなりそうな年に2年前納しておけば、節税につながります。

国民年金前納のデメリット

前納制度は取り消しができない
一度納めた保険料は、基本的に還ってきません。したがって、国民年金保険料を前納した後に免除の条件を満たしても、その期間の保険料は返還されずに、保険料納付済期間として取り扱われます。このことを知らずに、私に相談されてきた方もみえましたが、どうしようもありません。政府なり日本年金機構・年金事務所が周知すべきことですが、少しでも保険料を徴収するために、このことは日本国民に知らされていないです。社労士の勉強をした方か、実際に前納した後に免除を受けようとして返還されなかった人など、一部の人しか知っていないでしょう。
就職した場合の返還手続きが必要
上記の通り、前納した保険料は還さないというのが、日本政府が決めたルールです。ただし、就職すると第2号被保険者となり、第2号被保険者と結婚して配偶者となると第3号被保険者となるので、重複しないようにその場合は返還されます。『国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書』というハガキが送られてくるので、必要事項を記入して年金事務所に提出してください。
2年前納は先が分からない状況で納付が必要
将来の収入がどうなっているか分からない状況で2年前納しなければなりません。振替日の5月2日手前までは収入が多かったのに、それ以降は仕事がうまくいかなくなって収入が減るという場合も当然あるでしょう。

前納の選択方法

口座振替とクレジットカード納付で前納を希望する方は、申出書に選択項目があるので、ご希望の前納期間を選択してください。

納付書の場合は、前納用の納付書をご使用ください。

なお、平成29年4月から、クレジットカードと納付書(現金)でも2年納付ができるようになります。


関連記事

日本の公的年金制度(国民年金・厚生年金保険)は強制加入であり、働いている現役世代と呼ばれる人たちは年金保険料を納付して老人・障...


公的年金制度では、その立場により、被保険者の種別が定められています。 簡単に説明すると、次のとおりです。 第1号被保...


今までは珍しく、あまり知られていなかったことでも、時が経過して大きな問題となることがあります。 DV(ドメスティックバイオレ...


年金は、「一定の年齢に達した時に老齢年金、一定の障害を負った時に障害年金、被保険者が亡くなった時に遺族年金」が支給され、その後...


「前年の所得が少ない、失業している、一定の障害状態である」等の理由がある年金制度の第1号被保険者は、保険料の免除を受けることが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.