年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 国民年金と厚生年金保険の関係について

国民年金と厚生年金保険の関係について


今、大変少ない厚生年金を支払って仕事をしております。

国民年金も支払いたいのですが、両方はだめなのでしょうか?

もし、可能ならどのような手続きをしたらよろしいでしょうか?

質問日 : 2013年5月1日



厚生年金保険に加入しているということは、国民年金にも加入していることになります。

強制加入被保険者を見ていただければご理解いただけるのではないでしょうか。

簡単に説明すると、年金の1階部分が国民年金で、会社員や公務員は2階部分の厚生年金保険にも加入しています。

厚生年金保険料として、被保険者と事業主が折半で負担しますが、結果、国民年金保険料も納めたことになり将来の老齢年金額に反映されます。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

これまで成人後2年間、国民年金を支払いして今年就職しました。 年金手帳は職場に提出しました。 今月、国民年金の納付書が届きま...


私は現在5X歳の男性です。 年金受給者である妻(現在7X歳)とX年ほど前に結婚しました。 妻の受給者名義の変更をしていません。 ...


加入の明細は、どのようにして知ることができますでしょうか。 加入日、支払い状況などを知りたいのです。 厚生年金に加入したこと...


昨年の確定申告の時に配偶者の収入が多く健康保険の対象外になりました。 但し、扶養控除の対象とはなったのですが、今回確認すると国民年金保険を...


子供が、今年、満20歳になります。 国民年金の支払いについて、年金事務所等から連絡があるのでしょうか。 どうすれば良いか教えてください。...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください