年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 国民年金と厚生年金保険の関係について

国民年金と厚生年金保険の関係について


今、大変少ない厚生年金を支払って仕事をしております。

国民年金も支払いたいのですが、両方はだめなのでしょうか?

もし、可能ならどのような手続きをしたらよろしいでしょうか?

質問日 : 2013年5月1日



厚生年金保険に加入しているということは、国民年金にも加入していることになります。

強制加入被保険者を見ていただければご理解いただけるのではないでしょうか。

簡単に説明すると、年金の1階部分が国民年金で、会社員や公務員は2階部分の厚生年金保険にも加入しています。

厚生年金保険料として、被保険者と事業主が折半で負担しますが、結果、国民年金保険料も納めたことになり将来の老齢年金額に反映されます。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

3か月前に会社を退職しまして国民年金へ切り替えの届けをしていなかったため、年金事務所より届けの申請をしてくださいと通知がきました。 ...


私の年金個人情報を調べたところ、現在勤めている会社の標準報酬月額が入社した年からずっと、かなり安い(額面50万の給料で標準報酬月額は30万。...


2006年11月より2010年11月(予定)まで、英国で就労しておりました。 その間 日本の国民年金を納めておりませんが 英国で年金に当た...


これまで成人後2年間、国民年金を支払いして今年就職しました。 年金手帳は職場に提出しました。 今月、国民年金の納付書が届きま...


勤務先の運送会社(株)が、厚生年金に加入していません。 従業員は、正社員が常時5名以上います。 厚生年金に加入してほしいと申...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です