年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 国民年金と厚生年金保険の関係について

国民年金と厚生年金保険の関係について


今、大変少ない厚生年金を支払って仕事をしております。

国民年金も支払いたいのですが、両方はだめなのでしょうか?

もし、可能ならどのような手続きをしたらよろしいでしょうか?

質問日 : 2013年5月1日



厚生年金保険に加入しているということは、国民年金にも加入していることになります。

強制加入被保険者を見ていただければご理解いただけるのではないでしょうか。

簡単に説明すると、年金の1階部分が国民年金で、会社員や公務員は2階部分の厚生年金保険にも加入しています。

厚生年金保険料として、被保険者と事業主が折半で負担しますが、結果、国民年金保険料も納めたことになり将来の老齢年金額に反映されます。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

従業員の妻が8/20で二十歳になるので国民年金3号被保険者届けを提出します。 用紙の基礎年金番号記入欄の記入は、現在年金手帳を持っていない...


私は現在5X歳の男性です。 年金受給者である妻(現在7X歳)とX年ほど前に結婚しました。 妻の受給者名義の変更をしていません。 ...


会社を辞めた方が、アメリカの方と結婚し移住されます。 アメリカの永住権も取得したそうですが、日本の籍を無くすそうです。 『今...


私の年金個人情報を調べたところ、現在勤めている会社の標準報酬月額が入社した年からずっと、かなり安い(額面50万の給料で標準報酬月額は30万。...


昨年の確定申告の時に配偶者の収入が多く健康保険の対象外になりました。 但し、扶養控除の対象とはなったのですが、今回確認すると国民年金保険を...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です