年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 口座振替後に納付書が届いた場合について

口座振替後に納付書が届いた場合について


4月より、厚生年金から国民年金に移行し銀行振替にしたのですが、納付書が届きました。

どう処理したらよろしいでしょうか?

お教え願います。

質問日 : 2013年5月16日



納付書の領収(納付受託)日付印を押す場所に、『口座振替』の文字が印字されているか確認してください。

印字されている場合は、問題なく口座振替されているので納付書は使用しません。

納付書に何も印字されていない場合ですが、その時は確認が必要です。

口座振替の開始には2ヶ月程度掛かりますので、最近手続きしたのであれば、4月分は納付されていない可能性もあります。

未納期間を作らないためにも、すぐに行政に問い合わせてください。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

国民年金保険料の引き落とし口座を解約してしまいました。 新たな口座を登録したいのですがどうしたらいいですか? 送付先住所を連絡し...


学生納付特例制度の事を知らずに国民年金を一括支払いしている。 現在、娘は大学4年生で、24年度の国民年金を5月に前納一括支払しているが、学...


義理の父親が浪費癖のため、妻に年金の管理をさせたいのですが、年金の振込先銀行は本人以外の名義でも大丈夫でしょうか? また、その際に...


国民年金を口座振替にしたいのですが、なにぶん田舎なので年金事務所が遠すぎるのと仕事が17時19時と残業もあるため平日行くにいけません。 問...


昭和44年3月XX日生まれです。22歳相当時期(H3.4.1)に加入した記録が残っています。 当時、浪人などせずに6年制の大学に通学してお...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください