年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金ニュース » 日本の年金制度の順位は31位!1位オランダ、2位デンマークとの違いは?

日本の年金制度の順位は31位!1位オランダ、2位デンマークとの違いは?


お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキング」で、日本は37ヶ国中31位・ランクDと評価されました。

日本の年金制度の問題点と、1位オランダ、2位デンマークとの違いについて説明いたします。



2019年の「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキング」

「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキング」とは、アメリカの大手コンサルティング会社マーサーが、それぞれの国の年金制度を40項目で評価してランク付けしたものです。

2019年の結果は、次のとおりとなりました。

1位オランダ(ランクA)
2位デンマーク(ランクA)
3位オーストラリア(ランクB+)
31位日本(ランクD)

日本は、37ヶ国中31位・Dランクという評価で、韓国や中国にも劣っています。

ちなみに、2018年度は、34ヶ国中29位・ランクDという結果でした。

日本の年金制度の評価が低い主な理由は?

日本の年金制度の評価が低い主な理由は、次のとおりです。

  • 平均寿命の伸びに対応できておらず、年金制度の持続性が低い
  • 年金だけでは老後の生活に十分ではない
  • 赤字国債で財政を賄い過ぎており、年金制度の持続性が低い

日本人の多くが、「法律で決まっているから仕方なく年金保険料を払っている」という状況であり、年金を当てにしていないことからも、この低評価は納得でしょう。



日本の年金制度の評価を上げる方法

日本の年金制度の評価を上げるには、次の方法があります。

  • 年金受給開始年齢の引き上げ
  • 定年年齢のさらなる引き上げ
  • 老後のために貯蓄する
  • 私的年金に加入する

こうしてみると、年金の支給開始年齢が引き上げられ、老後なく働き続けるしかないのが分かります。

オランダとデンマークの年金制度の実情

日本の年金制度の評価は低いですが、逆に、オランダとデンマークは常に上位1位・2位を争っています。

どちらの国の年金制度も「連帯」を重視して貧困を防いでおり、税金が高い代わりに、老後も現役時代と同等の生活レベルを維持できるのが、高評価の理由です。

具体的には、「1階・基礎年金、2階・職域年金、3階・個人年金」の3階建てとなっており、約9割の被用者が基礎年金と職域年金に加入しているのですが、それだけで国民の平均所得の約8割に相当する年金を受け取れます。

日本人からすると、羨ましい限りでしょう。


関連記事

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の支給停止の基準額を現行の47万円から51万円に引き上...


2019年10月29日、厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが明らかになりました。 年金手帳が廃止される理由とメリッ...


2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社に対し、独占禁止法違反容疑で立ち入り検査を開始しまし...


テレビニュースやネットニュースでたまに聞くGPIFがどのような組織で、何をしているか知っていますか? そこで、GPIFを良く...


日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。 社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰り返しており、反省している気配が全くありませ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

年金手帳

2019年10月29日、厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが明らかに...

お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキン...

ねんきん定期便

2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社...

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション