年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金保険料の繰上徴収

年金保険料の繰上徴収


一万円札

会社員・公務員等である第2号被保険者は、厚生年金保険に加入しており、労働者と事業主が厚生年金保険料を折半負担しています。

実際は、事業主が労働者の賃金から厚生年金保険料の半分を徴収し、事業主負担分と合わせて納付しています。

この厚生年金保険料は、保険給付に使われる大切な財源です。

もし会社が倒産等して徴収できなくなれば、そのしわ寄せが他の被保険者に及んでしまいます。

そこで、会社の経営が危なくなった際は、厚生年金保険料を前もって徴収できるのです。



厚生年金保険料を繰上徴収できるケース

厚生年金保険の納付義務者である事業主が、次のいずれかに該当する場合、厚生年金保険料の納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。

  • 国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき
  • 強制執行を受けるとき
  • 破産宣告を受けた時
  • 企業担保権の実行手続きの開始があったとき
  • 競売の開始があったとき
  • 法人たる納付義務者が解散したとき
  • 被保険者の使用される事業所が廃止されたとき
  • 被保険者の使用される船舶について船舶所有者の変更がったとき、又は当該船舶が滅失、沈没若しくは全く運行に耐えられなくなるに至ったとき

関連記事

国民年金保険料を後から納付する方法には、「追納」と「後納」の2種類があります。 この違いと、それぞれの制度の内容につい...


「就職した時」と「退職した時」は、国民年金と厚生年金の切り替えが必要です。 会社を辞めた時は、自分で行わなければならな...


バブル崩壊後の就職氷河期によりフリーターが誕生し、さらに仕事がない状態が続いたことで勤労意欲のないニートが誕生しました。 ...


公的年金制度(国民年金・厚生年金保険)は強制加入ですが、どうして加入を義務化されているか知っていますか? それは、世代...


第1号被保険者は、「国民年金保険料を納付するか」「免除を受けるか」「配偶者の扶養に入るか」の3択しかありません。 しか...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください