年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金の基礎知識 » 年金保険料の繰上徴収

年金保険料の繰上徴収


一万円札

会社員・公務員等である第2号被保険者は、厚生年金保険に加入しており、労働者と事業主が厚生年金保険料を折半負担しています。

実際は、事業主が労働者の賃金から厚生年金保険料の半分を徴収し、事業主負担分と合わせて納付しています。

この厚生年金保険料は、保険給付に使われる大切な財源です。

もし会社が倒産等して徴収できなくなれば、そのしわ寄せが他の被保険者に及んでしまいます。

そこで、会社の経営が危なくなった際は、厚生年金保険料を前もって徴収できるのです。



厚生年金保険料を繰上徴収できるケース

厚生年金保険の納付義務者である事業主が、次のいずれかに該当する場合、厚生年金保険料の納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。

  • 国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき
  • 強制執行を受けるとき
  • 破産宣告を受けた時
  • 企業担保権の実行手続きの開始があったとき
  • 競売の開始があったとき
  • 法人たる納付義務者が解散したとき
  • 被保険者の使用される事業所が廃止されたとき
  • 被保険者の使用される船舶について船舶所有者の変更がったとき、又は当該船舶が滅失、沈没若しくは全く運行に耐えられなくなるに至ったとき

関連記事

第2号被保険者は、毎月の給料から厚生年金保険料が天引きされ、事業主負担分と共に納付されています。 しかし、育児休業期間...


年金受給権者が亡くなった場合に必ず発生する未支給年金について説明します。 対象となる遺族の方は、すぐに手続きしてくださ...


国民年金保険料を後から納付する方法には、「追納」と「後納」の2種類があります。 この違いと、それぞれの制度の内容につい...


世界経済の悪化等を理由に何度も先延ばしされてきた消費増増税が、2019年10月から実施されることが決まりました。 現行8%の...


公的年金制度の第2号被保険者について、分かりやすく解説します。 第2号被保険者は、勤め先の会社等が手続きをし、厚生年金...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキン...

ねんきん定期便

2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社...

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション