年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金保険料の繰上徴収

年金保険料の繰上徴収


厚生年金保険の納付義務者(事業主)が、次のいずれかに該当する場合、納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。

(1)国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき

(2)強制執行を受けるとき

(3)破産宣告を受けた時

(4)企業担保権の実行手続きの開始があったとき

(5)競売の開始があったとき

(6)法人たる納付義務者が解散したとき

(7)被保険者の使用される事業所が廃止されたとき

(8)被保険者の使用される船舶について船舶所有者の変更がったとき、又は当該船舶が滅失、沈没若しくは全く運行に耐えられなくなるに至ったとき


関連記事

公的年金制度では、その立場により、被保険者の種別が定められています。 簡単に説明すると、次のとおりです。 第1号被保...


年金制度の第1号被保険者は、20歳から60歳までの40年間、国民年金に加入して保険料を自分で納付しなければなりません。 しか...


年金には「老齢・障害・遺族」の3種類があり、同一人物が2種類以上の年金を受ける権利を有することがあります。 この場合に、2つ...


年金は、「一定の年齢に達した時に老齢年金、一定の障害を負った時に障害年金、被保険者が亡くなった時に遺族年金」が支給され、その後...


私的年金とは、保険会社などが販売している個人年金のことで、積立型と一時払型があり、加入するか否かは個人の自由です。 加入した...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.