年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金保険料の繰上徴収

年金保険料の繰上徴収


厚生年金保険の納付義務者(事業主)が、次のいずれかに該当する場合、納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。

(1)国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき

(2)強制執行を受けるとき

(3)破産宣告を受けた時

(4)企業担保権の実行手続きの開始があったとき

(5)競売の開始があったとき

(6)法人たる納付義務者が解散したとき

(7)被保険者の使用される事業所が廃止されたとき

(8)被保険者の使用される船舶について船舶所有者の変更がったとき、又は当該船舶が滅失、沈没若しくは全く運行に耐えられなくなるに至ったとき


関連記事

育児・介護休業法に規定する育児休業又はこれに準ずる休業をする第2号被保険者は、厚生年金保険料と健康保険料の免除を申し出ることができます。 ...


年金をもらっている人が亡くなった場合、年金支給開始年齢と年金支給日、年金振込日はいつ?で説明しているように、まだ支給されていな...


日本では国民皆年金が採用されているため、20歳から60歳まで年金に加入しなければなりませんし、就職している場合はその前後一定期...


国民年金は全国民共通の基礎年金であり、日本に在住すれば外国人も強制加入となります。 そして、保険料を納付した人が条件を満たすと、『老齢・障...


「前年の所得が少ない、失業している、一定の障害状態である」等の理由がある年金制度の第1号被保険者は、保険料の免除を受けることが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です