年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金の併給調整、年金は2つもらえない一人一年金の原則

年金の併給調整、年金は2つもらえない一人一年金の原則


年金の併給調整

年金には「老齢・障害・遺族」の3種類があり、同一人物が2種類以上の年金を受ける権利を有することがあります。

この場合に、2つ以上の年金を同時に受けられるのか、疑問に思う方もいるでしょう。

複数の年金の受給条件を満たしているのだから、そのすべてを受給できると考える人もいますが、「一人一年金の原則」が定められており、基本的に年金は一種類しか受給できません。

  • 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金
  • 障害基礎年金 + 障害厚生年金
  • 遺族基礎年金 + 遺族厚生年金

2つ以上の年金を受ける権利を有していても、下記の例外以外は、このように同一種類の年金を一組だけ受け取ることになります。



受給する年金を選べる

2つ以上の年金を受け取れる場合は、一旦、すべての年金の支給を停止し、受給権者が希望する年金の支給停止を解除して、支給を開始することになっています。

ただし、すでに支給されている年金がある場合は、そのままその年金が支給されます。

通常は、後者に該当する場合が多いので、手続きしない限り、そのまま今までの年金を受け取ることになりますが、新たに受け取れることになった年金に変更した方が受給額が増える場合や税金・社会保険料等の兼ね合いにより得する場合があるので、その場合は受給する年金を変更しましょう。

例えば、障害等級3級の障害厚生年金を受けている人が、65歳になって老齢年金を受ける権利を有した場合は、老齢年金をもらった方がお得なのは説明するまでもありませんよね。

どの組み合わせでもらうのがベストか分からない方は、年金事務所や年金ダイヤルをご利用ください。

受給年金の変更手続きは、『年金受給選択申出書』に『裁定請求書』等を添付して、年金事務所に提出します。

なお、選択しなかった年金は支給停止されているだけなので、手続きして変更することも可能です。



年金が併給される組み合わせ

一人一年金の原則ですが、次の組み合わせの場合は併給されます。

付加年金
老齢基礎年金に上乗せ支給される付加年金は併給されます。
障害年金の併合
複数の障害基礎年金・障害厚生年金は、それぞれ併合認定し、一つとなります。その場合、従前の複数の障害年金は消滅します。
支給事由を同じくする年金
国民年金と厚生年金保険・共済年金の同一種類である年金は、併給されます。
老齢基礎年金 + 老齢厚生年金(退職共済年金)
障害基礎年金 + 障害厚生年金(障害共済年金)
遺族基礎年金 + 遺族厚生年金(遺族共済年金)
支給事由は異なるが65歳以上で併給可能
65歳以上の者は、以下の組み合わせで年金を併給することができます。
老齢基礎年金 + 遺族厚生年金
障害基礎年金 + 老齢厚生年金
障害基礎年金 + 遺族厚生年金
旧法との調整
65歳以上の者で遺族給付が絡む場合、併給されます。
老齢基礎年金 + 旧厚生年金保険の遺族年金
旧国民年金の老齢年金 + 遺族厚生年金
旧厚生年金保険の老齢年金の2分の1+遺族厚生年金
旧国民年金の障害年金 + 老齢厚生年金
旧国民年金の障害年金 + 遺族厚生年金

関連記事

「前年の所得が少ない、失業している、一定の障害状態である」等の理由がある年金制度の第1号被保険者は、保険料の免除を受けることが...


日本では国民皆年金が採用されているため、20歳から60歳まで年金に加入しなければなりませんし、就職している場合はその前後一定期...


厚生年金保険の納付義務者(事業主)が、次のいずれかに該当する場合、納期前であっても、その全額を徴収されることがあります。 (1)国税、地方...


今までは珍しく、あまり知られていなかったことでも、時が経過して大きな問題となることがあります。 DV(ドメスティックバイオレ...


サラリーマンやOL、公務員になった時は、会社等が各種手続きをしてくれるので、労働者は『年金手帳』や『雇用保険被保険者証』等を提...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください