年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» 年金の基礎知識

カテゴリ:年金の基礎知識

国民年金保険料

国民年金保険料は、「2年・1年・半年・当月末単位」で前もって納付でき、割引を受けられるメリットがあります。ただし、デメリットもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。...


納付

国民年金保険料を後から納付する方法として、「追納」と「後納」の2種類があります。この違いと、損得について説明します。...


孤独

配偶者から暴力を受けて別居した場合で、前年の所得が一定額以下であれば、国民年金保険料の免除を受けることができます。条件や手続きについて説明いたします。...


若者

20~50歳のフリーター・ニートは、条件を満たせば国民年金保険料の免除を受けられます。ただし、追納しない限り老齢基礎年金額に反映されません。手続きや注意事項、所得基準について説明いたします。...


大学生

学生も20歳以上であれば国民年金の第1号被保険者に該当するため、保険料を納付しなければなりませんが、経済的に余裕がない場合は、学生納付特例という免除制度が用意されています。その手続きの方法やデメリット...


金欠

自営業・無職などで、前年の所得が少ない場合、国民年金保険料の免除を受けられます。失業者や災害被害者も同様です。申請免除の所得条件や手続きについて説明するので、ぜひ参考にしてください。...


障害者

障害者や生活保護法による生活扶助を受けている者等は、要件に該当すれば、当然に国民年金保険料が全額免除されます。法定免除の条件や手続き、前納保険料の還付について説明するので、ぜひ参考にしてください。...


年金手帳

公的年金制度の第1号被保険者は、自分で国民年金保険料を納付しなければなりません。しかし、障害・低収入・退職などの理由により、保険料を納めることができない人がいるため、保険料免除制度が用意されています。...


家族

公的年金制度(国民年金・厚生年金保険)は強制加入であり、条件を満たせば老齢・障害・遺族となった時に年金を受け取れます。現役世代が、社会的弱者を支えているのです。これが世代間扶養という考え方であり、憲法...


退職

公的年金制度の第2号被保険者である会社員や公務員が退職した場合、保険や税金の手続きを自分でしなければなりません。必要な届出について説明するので、会社を辞めたら必ず期限までに手続きしましょう。...


最新記事

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション