年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 扶養控除と被扶養者の違いについて

扶養控除と被扶養者の違いについて


昨年の確定申告の時に配偶者の収入が多く健康保険の対象外になりました。

但し、扶養控除の対象とはなったのですが、今回確認すると国民年金保険を1月から払っていることを確認しました。

扶養控除の対象者であれば、第3号で個別に保険を払わなくていいと思っていましたが、違いますか?

その場合、どんな対処がいいでしょうか?

尚、今回の確定申告で健康保険も復帰することを交渉しようと思っています。

質問日 : 2009年11月23日



健康保険の被扶養者が国民年金の第3号被保険者です。

扶養控除と被扶養者・第3号被保険者の基準は異なります。

また、交渉してどうなるものではなく、条件に当てはまるか否かによって事務的に決定されるので、話し合いの余地はありません。

配偶者の方の労働時間を減らしてもらって、収入を抑えるしかありません。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

今、大変少ない厚生年金を支払って仕事をしております。 国民年金も支払いたいのですが、両方はだめなのでしょうか? もし、可能ならど...


厚生年金手帳が2冊有ります。1冊にまとめるにはどうすればいいですか? 平日の昼間は仕事があり、時間がなかなか取れないのですが、郵送...


初めまして・・・日本に来て今年10年になる韓国人です。 以前の会社で半年間以上厚生年金に加入してある理由で退社しました。 今は新しい職場...


外国人なんですが、母国で個人事業者になっていて、向こうで国民年金を払っています。 日本でお仕事をする場合、日本での保険料を払うことになると...


2006年11月より2010年11月(予定)まで、英国で就労しておりました。 その間 日本の国民年金を納めておりませんが 英国で年金に当た...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください