年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 老齢年金受給者が障害を負った場合について

老齢年金受給者が障害を負った場合について


現在65歳で厚生年金・国民年金を受給しています。

53歳で糖尿病になり現在糖尿病腎症2度です。

将来、透析が必要になるかも知れないのですが、なった場合は障害厚生年金を受給できるのですか。

質問日 : 2010年10月24日



2種類の年金を受給できる状態になっても『一人一年金の原則』で、どちらかを選ぶことになります。

既に受給している場合は、『年金受給選択申出書』に『新たに受ける年金の裁定請求書』を提出して変更します。

どちらの受給額が多くなるかで選ぶと良いでしょう。

例えば、障害等級1級なら老齢基礎年金の1.25倍の受給額になるので、変更した方が良いということになります。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

心筋梗塞で現在復職できない状態です。 昨年9月に発病し通院療養中で、身障者4級手帳を受給しています。 この病気により、厚生...


障害基礎年金を受給しています。 3月に加算改善法で、子の加算の申請手続きをしました。 今日、日本年金機構からはがきが届きまし...


障害基礎年金についてお尋ねします。 現在63歳。 国民年金加入者、各条件は満たしている。 『60歳~65歳の者が障害認...


国民障害年金について、障害(障害手帳1級)を持ってから手続きをとった際、市役所(御殿場市)の年金の係りから『未納付期間があり、受給資格がな...


翌月で64歳になります。 年金支払いは54歳まで厚生年金(32年間)、54歳以降60歳まで国民年金を支払い続けてきました。 実...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください