年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 被保険者の種別に変更があった月について

被保険者の種別に変更があった月について


7月XX日まで旦那の扶養で第3号被保険者でした。

それから、失業保険を給付期間になったため手続きをし、7月XX日から第1号被保険者に変わりました。

そして、先日、国民年金保険料の納付書が家に届きました。

その中には7月分の保険料の納付書も入っていたのですが、この場合、7月はX日だけですが、全額払わないといけないのですか?

無知なので、すみませんが回答よろしくお願いいたします。

質問日 : 2012年9月5日



種別に変更があった月は、最後の種別の被保険者となります。

つまり、ASさんの場合、7月は第1号被保険者であったとみなされるため7月分の保険料を納付しなければなりません。

日数ではなく、あくまでも最後にどの種類の被保険者であったかで決まります。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

息子の案件です。 結婚して2児を持ち、嫁は専業主婦です。 子は、派遣社員(請負?)で 月17万ほどの手取りだそうですが、嫁は...


日本人ですが、学校を出て1年半日本の会社で働いた後、ずっと海外に住んでいる女性です。 その間、国民年金料は払っていませんでした。 ...


先日、20歳になる息子宛てに国民年金加入の封書が届きました。 厚生年金に入っている私の扶養家族である息子ですが、国民年金に入らなくて...


妻は日本国籍を持たないXX国籍で、3年の在留資格取得と同時に第一号被保険者となり、7年間保険料を支払ってきました。 この度、私の仕事...


夫の会社は厚生年金を扱っていないため国民年金に加入しています。 その妻(私)はパートで働いていますが年収は100万程です。 そ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

年金手帳

2019年7月21日、日本年金機構が、個人情報等が入った記録媒体を紛失したこと...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション