年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » » 付加年金の加入方法について

付加年金の加入方法について


国民年金に加え付加年金に加入したいのですが、どちらに申し込めばよろしいでしょうか?

また小額で付加できるところが魅力ですが、月々の年金支給額にいくらプラスになるのですか?

また昨今、年金制度がたびたび見直しされるようになれば損をすることにもなりかねないでしょうか?

わかりやすく教えてください。

質問日 : 2006年4月17日



付加年金についてですが、付加保険料(月額400円)を支払うことが出来るのは、第1号被保険者です。つまり、自営業者などです。ただし、国民年金基金の加入者は不可です。

そして、その被保険者が老齢基礎年金の受給権を取得したときに付加年金が支給されます。その額は200円X付加保険料納付済期間の月数です。

例えば、10年間、付加保険料を納付した場合、付加保険料の額は、400円 X 12月 X 10年 = 48,000円の支払いとなります。一方、付加年金の額は、200円 X 120月 X 10年 = 24,000円となります。つまりこの場合ですと、2年で支払った分に達し、3年目以降は24,000円ずつ得することになります。

年金額は毎年4月に見直しされ変動しますが、今現在の法律では、一応、付加保険料・付加年金支給額ともに固定されています。したがって、とてもお得です。

最後に申し込み方法ですが、印鑑・年金手帳を持参して、市役所や各支所で付加年金の手続きをしてください。手続きした月から加入できます。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

先日、年金定期便が届き、内容を確認したのですが、付加年金を毎回必ず払っていたはずなのですが、平成15年2月分と、平成16年12月、1月、2...


国民付加年金の掛け金は国民年金基金に加入した場合、その掛け金は無駄になるのでしょうか? 質問日 : 2009年11月18日 [...


わたしは昨年12/17定年退職しました。 退職により年金申請により60才から部分年金のみもらえますが、65才にならないと満額もらえま...


付加年金のことでお尋ねします。 (1)通常の基礎年金は25年間保険料を払い続けないと老齢基礎年金が支給されませんが、付加年金について...


付加年金についてお伺いします。 これから20年掛けた場合掛け金は、 400円 X 12ヶ月 X 20年 = 96,000円にな...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください