年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » » 付加年金の加入年齢と受給要件について

付加年金の加入年齢と受給要件について


付加保険料は、何歳から払うことが出来ますか。また、何年払わないともらえないんですか。

質問日 : 2006年7月29日



付加保険料は、国民年金の第1号被保険者で国民年金基金に加入していない間、支払うことができます。年齢で言うと、20歳からです。

支払わないといけない最低年数はなく、1ヶ月でも付加保険料を納めれば年金に反映されます。ただし、老齢基礎年金の支給要件を満たし、この年金を受けることができなければ支給されません。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

同居の父母が現在、国民年金を受給しております。 付加年金ができた当初から納税組合を通じ納付していましたが(両親共)給付されていないよ...


国民年金の付加年金に加入したい時は、どのようにしたら良いのでしょうか? 現在57才6ヶ月です。 質問日 : 2009年2月19...


国民付加年金の掛け金は国民年金基金に加入した場合、その掛け金は無駄になるのでしょうか? 質問日 : 2009年11月18日 [...


主人が結婚前より『付加年金』に加入しています。 ホームページの赤字だけしか読んでいないのですが、簡単に解釈すると、『月額400円』の...


付加年金のことでお尋ねします。 (1)通常の基礎年金は25年間保険料を払い続けないと老齢基礎年金が支給されませんが、付加年金について...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください