年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 老齢基礎年金の支給要件

老齢基礎年金の支給要件


国民年金の被保険者が65歳に達すると、老齢基礎年金が支給されます。

しかし、すべての人が受給できるわけではなく、老齢基礎年金の受給資格を満たした人だけに支給されるのです。

原則、受給資格期間(保険料納付済期間 + 保険料免除期間 + 合算対象期間)が10年(120月)以上必要で、この条件を満たさないと、老齢基礎年金だけではなく老齢厚生年金も支給されません。

ただし、受給資格期間の短縮を受ける者は除きます。



長期間に渡り国民年金保険料を滞納していた場合、無年金の状態になってしまうため、保険料免除の適用を受けることが可能な場合は、必ず手続きしましょう。

また、60歳到達時の受給資格期間が20年(240月)以上であれば、60歳から65歳まで任意加入することによって、老齢基礎年金の受給資格を満たすことができます。

受給期間がちょっと少ない方は諦めずに、市区町村役場でご相談ください。


関連記事

昭和61年4月前(旧国民年金法)においては、厚生年金保険被保険者の被扶養配偶者(妻・夫)は、国民年金への加入を任意とされていました。 した...


2017年(平成29年)8月1日より、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給資格期間は、10年以上に短縮されています。 したがって、以下の情報は...


自営業者や失業中の者、アルバイト、フリーターなど国民年金の第1号被保険者は、自分で保険料を納付しなければなりません。 しかし、所得が少ない...


老齢基礎年金と老齢厚生年金は、その名の通り、受給資格期間を満たした者が年を取った時にもらえる年金です。 障害年金と遺族年金は一部の方のみが...


厚生年金保険の保険料は収入により変化し、納付した額が保険給付にも反映されます。 したがって、厚生年金保険の保険給付額を計算する場合には、毎...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です