年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 年金を早くもらう!繰上げ受給のメリット・デメリット

年金を早くもらう!繰上げ受給のメリット・デメリット


年金

65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、諸々の事情により、それよりも早く年金をもらいたい方もいると思います。

その場合に便利なのが、老齢基礎年金の繰上げ受給制度です。

受給資格期間を満たした60歳以上65歳未満の者は、請求することにより、その時から老齢基礎年金の支給を受けることができるのです。



繰上げ受給のメリット

老齢基礎年金の繰上げ受給には、次のメリットがあります。

  • 年金を早くもらえる

繰上げ受給の最大にして唯一のメリットは、65歳以前に老齢基礎年金を受給できることです。

定年年齢の引き上げで、65歳まで雇用されるようになりましたが、「体を悪くして働けない」「家族の介護をしなければならない」などの理由により、65歳まで働けない人もいるでしょう。

そうなれば収入もなくなるため生活が苦しくなりますが、年金を早くもらうことで助かります。

繰上げ受給のデメリット

老齢基礎年金の繰上げ受給には、次のデメリットがあります。

  • 減額された老齢基礎年金額が一生支給される
  • 付加年金も一生減額される
  • 後に受給要件を満たしても、障害基礎年金と寡婦年金は支給されない
  • 寡婦年金の受給権者が繰上げ請求すると、寡婦年金の受給権が消滅する
  • 特別支給の老齢厚生 (退職共済) 年金のうち、基礎年金相当額の支給が停止される
  • 65歳になるまで遺族厚生年金・遺族共済年金を併給できない

何よりも不利な点は、老齢基礎年金額そのものが減額支給され、その減額が一生続くことです。

したがって、生活に困ってなく、長生きする自信のある方は、老齢基礎年金の繰上げ支給を受けない方が良いでしょう。



繰上げ受給の減額率・計算方法

老齢基礎年金の繰上げ支給を受けた場合、次の減額率・計算方法が適用されます。

昭和16年4月2日以後に生まれた者
繰上げ請求した日の属する月から65歳に達する日の属する月の前月までの月数に1,000分の5を乗じた額が減額されます。

60歳30%(60月 X 5/1000)
61歳24%(48月 X 5/1000)
62歳18%(36月 X 5/1000)
63歳12%(24月 X 5/1000)
64歳6%(12月 X 5/1000)

昭和16年4月1日以前に生まれた者
下記の減額率になっています。

60歳0ヶ月~60歳11ヶ月42%
61歳0ヶ月~61歳11ヶ月35%
62歳0ヶ月~62歳11ヶ月28%
63歳0ヶ月~63歳11ヶ月20%
64歳0ヶ月~64歳11ヶ月11%

繰上げ受給利用者の割合

老齢基礎年金の繰上げ受給を利用している人の割合は、次のとおりです。

2012年27.6%
2013年26.5%
2014年24.1%
2015年22.0%
2016年20.5%

「一生減額支給されるデメリットの知識が広まったこと」と「定年年齢の引き上げ」によって、年々、老齢基礎年金の繰上げ受給をする人は減っています。


関連記事

保険料納付済期間とは、その名の通り、「国民年金保険料を納めた期間」と「国民年金保険料を納めたとみなされる期間」のことです。 ...


「国民年金保険料の免除を受けた場合」や「国民年金保険料を滞納した場合」などは、将来、老齢基礎年金が減額支給されます。 ...


公的年金制度に強制加入させられなかった期間がある第3号被保険者の老齢基礎年金額低下を防ぐために支給されるのが、加給年金です。...


老齢基礎年金の受給資格を判断する材料のひとつに合算対象期間がありますが、理解が難しいのが難点です。 この合算対象期間に...


以前は、老齢基礎年金の受給資格期間は、25年(300月)以上とされていました。 しかし、高齢者の中には、制度スタートの...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください