年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 保険料納付済期間

保険料納付済期間


国民年金の第1号被保険者は自分で保険料を納付し、第2号被保険者は本人と事業主が折半負担で、事業主が保険料を納付しています。

そして、第3号被保険者は保険料を納付していませんが、納付したものとみなされます。

この納付した期間、若しくは、納付したものとみなされる期間が保険料納付済期間で、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の受給資格の有無を判断する材料になります。

老齢基礎年金においては、支給される年金額にも反映される重要な期間です。

なお、保険料納付済期間は、受給資格期間原則10年以上の判断、老齢基礎年金額の計算においてすべてが算入されます。



保険料納付済期間になる期間

(1)第1号被保険者期間(任意加入被保険者を含む)のうち保険料を納付した期間

(2)第2号被保険者期間のうち20歳以上60歳未満の期間
ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については20歳前の期間及び60歳以後の期間についても保険料納付済期間とされます

(3)第3号被保険者期間

(4)昭和61年4月1日前の国民年金の被保険者期間(任意加入被保険者を含む)のうち保険料を納付した期間

(5)昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの厚生年金保険・船員保険の被保険者期間及び共済組合等の組合員・加入者期間のうち20歳以上60歳未満の期間
ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については、昭和36年4月1日前の期間についても保険料納付済期間とされます


関連記事

老齢基礎年金と老齢厚生年金は、その名の通り、受給資格期間を満たした者が年を取った時にもらえる年金です。 障害年金と遺族年金は一部の方のみが...


本来、65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、66歳以上から支給を受けることにより支給額を増やすことができます。その場合、付加...


平成30年度の老齢基礎年金支給額 779,300円 月額64,941円で、去年の支給額と同額です。 年金額は毎年4月に...


[SWF]https://www.nenkin-note.net/old-age/flash/rourei-calculation.s...


老齢基礎年金は、65歳に達した日の属する月の翌月から死亡した日の属する月まで支給されます。 請求が必要で、『国民年金・厚生年金保険 老齢給...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください