年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 老齢基礎年金の繰下げ支給

老齢基礎年金の繰下げ支給


本来、65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、66歳以上から支給を受けることにより支給額を増やすことができます。その場合、付加年金についても同率で増額されます。

老齢基礎年金の繰下げ支給は、次の要件を満たす者が、厚生労働大臣に申し出ることによって成立します。

(1)66歳に達する前に老齢基礎年金の裁定請求をしていないこと

(2)65歳に達したときに、他の年金給付(付加年金を除く)若しくは被用者年金各法による年金たる給付(老齢又は退職を支給事由とするものを除く)の受給権者でないこと

(3)65歳に達した日以後に他の年金給付若しくは被用者年金各法による年金たる給付の受給権者となっていないこと

老齢基礎年金の繰下げ支給は、申出した日の属する月の翌月から支給されます。



老齢基礎年金の繰下げ支給を受けた場合の増額率

昭和16年4月2日以後に生まれた者
受給権を取得した日の属する月から当該年金の支給繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数に1,000分の7を乗じた額が増額されます。ただし、60月が最高です。
・66歳 8.4%(12月 X 7/1000)
・67歳 16.8%(24月 X 7/1000)
・68歳 25.2%(36月 X 7/1000)
・69歳 33.6%(48月 X 7/1000)
・70歳 42%(60月 X 7/1000)

昭和16年4月1日以前に生まれた者
年単位で、下記の増額率です。1年に満たない期間は、切り捨てて判断します。
・66歳 12%
・67歳 26%
・66歳 43%
・66歳 64%
・66歳 88%



手続きについては、老齢基礎年金の支給期間ページをご覧ください。

裁定請求書の代わりに、『老齢基礎年金・老齢厚生年金支給繰下げ請求書』を年金事務所や年金相談センターに提出してください。


関連記事

老齢基礎年金は、65歳に達した日の属する月の翌月から死亡した日の属する月まで支給されます。 請求が必要で、『国民年金・厚生年金保険 老齢給...


国民年金の被保険者が65歳に達すると、老齢基礎年金が支給されます。 しかし、すべての人が受給できるわけではなく、老齢基礎年金の受給資格を満...


国民年金の第1号被保険者は自分で保険料を納付し、第2号被保険者は本人と事業主が折半負担で、事業主が保険料を納付しています。 そして、第3号...


平成29年度の老齢基礎年金支給額 779,300円 月額64,941円で、去年の支給額から月額67円減ります。 年金額...


昭和61年4月前(旧国民年金法)においては、厚生年金保険被保険者の被扶養配偶者(妻・夫)は、国民年金への加入を任意とされていました。 した...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です