年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 配偶者の年金・健康保険の被扶養者に、国内居住要件が必要

配偶者の年金・健康保険の被扶養者に、国内居住要件が必要


母子

2019年度に、国民年金法と健康保険法の改正が行われ、「国民年金の第3号被保険者」と「健康保険の被扶養者」の条件に、国内居住が必要となる流れであることが分かりました。

2020年4月からの施行を目指しています。



従来の国民年金第3号被保険者・健康保険被扶養者

会社員や公務員である第2号被保険者の配偶者は、第3号被保険者として、自ら国民年金保険料を納めることなく、納めたものとみなされ、将来、老齢基礎年金を受給できます。

また、会社員や公務員の家族は、一定の条件を満たせばその扶養に入れ、被扶養者として原則3割負担で診療等を受けられます。

しかも、この2つ共、国内居住要件がありませんでした。

つまり、外国人が日本に来て日本企業に就職した場合、その外国人労働者が厚生年金保険と健康保険に加入することで、母国にいる配偶者は国民年金の第3号被保険者になり、その家族は健康保険を利用できたのです。



第3号被保険者に国内居住要件が付けられた理由

日本は少子高齢化となり、働き手が少なくなったため、2019年4月から外国人労働者の受け入れを拡大しました。

それによって、多くの外国人労働者が日本にやってきますが、母国に残っている配偶者を第3号被保険者と認めてしまうと、将来、年金財政を圧迫することは明らかです。

しかも、受給資格期間を引き下げているため、10年で年金を受給できてしまいます。

そのため、第3号被保険者の要件に国内居住を付け、簡単には老齢基礎年金を受給できなくしました。

健康保険の被扶養者に国内居住要件が付けられた理由

健康保険は、被扶養者も原則3割負担で診療等を受けられる手厚い医療保険です。

それだけに、外国人労働者の受け入れ拡大をすれば、母国に残る家族の医療費が莫大となり、全国健康保険協会と健康保険組合の財政を圧迫します。

しかも、以前から、健康保険は外国人による悪用が問題視されていました。

そこで、この2つの問題を一挙に解決するため、健康保険の被扶養者の条件に国内居住を付けたのです。


関連記事

関連記事はありませんでした。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください