年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて

老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。

この場合に妻が老齢基礎年金を受給するための手続き等を知りたくてメールをしています。

なお、妻は年金手帳は保持しています。

質問日 : 2006年3月26日



送られてきたメールの文面からすると、Aさんの奥さんは受給資格期間を満たしているので老齢基礎年金を受給できます。

ただし、本来65歳から支給の老齢基礎年金をそれ以前にもらう繰上げ支給になるため、年金額が減額されます。

減額されるのは、支給の繰上げを請求した日の属する月から65歳に達する日の属する月の前月までの月数に5/1000を掛けた分です。

上の説明では分かりにくいので、下記を参考にしてください。
60歳 30%(60月 X 5/1000)
61歳 24%(48月 X 5/1000)
62歳 18%(36月 X 5/1000)
63歳 12%(24月 X 5/1000)
60歳 6%(12月 X 5/1000)

例えば、62歳と6ヵ月で繰上げ請求した場合、15%減となります。
なお、この減額は一生続きます。ですから、この先のことも考えて繰上げ請求した方が良いでしょう。

老齢基礎年金の請求につきましては、社会保険事務所(市区町村役場の国民年金の窓口等)に行って、老齢基礎年金裁定請求書に必要事項を記入の上、手続きを行ってください。社会保険事務所に行けばわかると思います。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

(1)老齢基礎年金の計算方法で3. 残りの保険料半額免除期間の月数が全額の1に対して1/3になるのか教えて頂けないでしょうか。 (2...


現在69歳と6ヶ月で、来年一月一日に70歳の誕生日を迎えます。 また、現在も仕事をしており給料を受給しており、同時に基礎年金分を二ヶ...


老齢基礎年金の受給について。 本年9月で65歳になりますが、現役職員として給与収入(年収X00万以上)を得ております。 勤務時...


昭和XX年4月から昭和XX年7月まで、大阪市にある(あった)○○工業に勤めていました。 昭和XX年8月に米国の大学院に留学し、そのま...


来年60歳になりますが、65歳でもらうよりどの位金額が変わるのか? 又、どちらでもらったら良いかアドバイスをお願い致します。 ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション