年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて

老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。

この場合に妻が老齢基礎年金を受給するための手続き等を知りたくてメールをしています。

なお、妻は年金手帳は保持しています。

質問日 : 2006年3月26日



送られてきたメールの文面からすると、Aさんの奥さんは受給資格期間を満たしているので老齢基礎年金を受給できます。

ただし、本来65歳から支給の老齢基礎年金をそれ以前にもらう繰上げ支給になるため、年金額が減額されます。

減額されるのは、支給の繰上げを請求した日の属する月から65歳に達する日の属する月の前月までの月数に5/1000を掛けた分です。

上の説明では分かりにくいので、下記を参考にしてください。
60歳 30%(60月 X 5/1000)
61歳 24%(48月 X 5/1000)
62歳 18%(36月 X 5/1000)
63歳 12%(24月 X 5/1000)
60歳 6%(12月 X 5/1000)

例えば、62歳と6ヵ月で繰上げ請求した場合、15%減となります。
なお、この減額は一生続きます。ですから、この先のことも考えて繰上げ請求した方が良いでしょう。

老齢基礎年金の請求につきましては、社会保険事務所(市区町村役場の国民年金の窓口等)に行って、老齢基礎年金裁定請求書に必要事項を記入の上、手続きを行ってください。社会保険事務所に行けばわかると思います。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

来年60歳になりますが、65歳でもらうよりどの位金額が変わるのか? 又、どちらでもらったら良いかアドバイスをお願い致します。 質...


国民年金保険料を支払った年数が25年に満たない場合は年金はまったく支給されないのですか? 質問日 : 2009年6月12日 [m...


現在40歳。20歳から22歳までの就職前の大学生期間、国民年金を納入してません。 老齢基礎年金を満額受領するため、今から未納分を収めたいの...


昭和23年2月生まれ63歳ですが、定年退職に伴い基礎年金の受給を申請しようとして居りますが、この場合、妻の年金支払いを開始する必要有ると思い...


保険料の追加納付が可能か否か。 妻は第3号被保険者で今年の1/XXで60歳になりました。 納付月数は321ヶ月です。 追加...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください