年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金相談 » 老齢年金Q&A » 老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて

老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きについて


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。

この場合に妻が老齢基礎年金を受給するための手続き等を知りたくてメールをしています。

なお、妻は年金手帳は保持しています。

質問日 : 2006年3月26日



送られてきたメールの文面からすると、Aさんの奥さんは受給資格期間を満たしているので老齢基礎年金を受給できます。

ただし、本来65歳から支給の老齢基礎年金をそれ以前にもらう繰上げ支給になるため、年金額が減額されます。

減額されるのは、支給の繰上げを請求した日の属する月から65歳に達する日の属する月の前月までの月数に5/1000を掛けた分です。

上の説明では分かりにくいので、下記を参考にしてください。
60歳 30%(60月 X 5/1000)
61歳 24%(48月 X 5/1000)
62歳 18%(36月 X 5/1000)
63歳 12%(24月 X 5/1000)
60歳 6%(12月 X 5/1000)

例えば、62歳と6ヵ月で繰上げ請求した場合、15%減となります。
なお、この減額は一生続きます。ですから、この先のことも考えて繰上げ請求した方が良いでしょう。

老齢基礎年金の請求につきましては、社会保険事務所(市区町村役場の国民年金の窓口等)に行って、老齢基礎年金裁定請求書に必要事項を記入の上、手続きを行ってください。社会保険事務所に行けばわかると思います。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

私の叔母ですが、70歳で国民年金を受給してないことに気が付きました。 郵便局のかんぽの年金を受給していたため勘違いして、それを国民年...


現在、父(78歳)の受けている老齢年金に関して質問なんですが、父は高校を卒業してから60歳までサラリーマンとして働いてました。 母が...


保険料の追加納付が可能か否か。 妻は第3号被保険者で今年の1/XXで60歳になりました。 納付月数は321ヶ月です。 ...


現在69歳と6ヶ月で、来年一月一日に70歳の誕生日を迎えます。 また、現在も仕事をしており給料を受給しており、同時に基礎年金分を二ヶ...


国民年金保険料を支払った年数が25年に満たない場合は年金はまったく支給されないのですか? 質問日 : 2009年6月12日 [...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

年金手帳

コロナ禍の中で、安倍政権が年金改革を進めていることをご存知ですか?特に重要な年...

年金手帳

新型コロナウイルスで失業した人、一定額以上収入が減った人は、国民年金保険料の免...

年金手帳

新型コロナウイルスの影響で失業等して国民年金保険料を納められなくなった場合は、...

株価暴落

新型コロナウイルスが世界中に伝播したことにより、世界経済への悪影響が懸念されて...

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション