年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 海外移住と老齢基礎年金の受給について

海外移住と老齢基礎年金の受給について


現在、31歳で年金支払い期間はまだ8年です。
将来、海外(オーストラリア)に移住する予定があります。

海外で生活をしながら将来年金を受領することはできますか。

また、支払い方法はどうなりますか。

質問日 : 2010年4月28日



17年間以上、海外に行って、保険料納付済期間8年と海外にいる期間17年の合計25年で年金の受給要件を満たしますが、それでは受給額が少なくなってしまいます。

海外にいる期間は任意加入のため、保険料を納付していないと年金額には反映されないからです。

そこで、任意加入して保険料を納め続けることをお薦めします。

年金の受け取り方法ですが、銀行振り込みなら海外でも問題なく受け取れるでしょう。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

昭和23年2月生まれ63歳ですが、定年退職に伴い基礎年金の受給を申請しようとして居りますが、この場合、妻の年金支払いを開始する必要有ると思い...


私は55歳です。 外国人と結婚をして、将来日本に住むか分らなかったのと、長期経済的に不安定だったので、年金保険料が長期未納になっています。...


任意(1号)保険の加入期間が、141ヶ月あります。3号は、234ヶ月あります。 老齢基礎年金額は、分かるのですが、任意保険の年金額の計算を...


年金受給条件を教えていただきたい。 加入期間が25年以上で、納付済期間が18年は受給条件に満たさないので、受給できないのでしょうか?...


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。 この場合に妻が老...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください