年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 65歳代後半の在職老齢年について

65歳代後半の在職老齢年について


現在69歳と6ヶ月で、来年一月一日に70歳の誕生日を迎えます。

また、現在も仕事をしており給料を受給しており、同時に基礎年金分を二ヶ月に一度偶数月に頂いております。

今後、70歳になった時点で給料受給者も年金満額を受給できるのでしょうか?

それとも収入がある場合は、相変わらず基礎年金だけの受給に留まるのでしょうか?

質問日 : 2010年6月8日



平成19年4月1日からは、70歳以降の方にも『65歳代後半の在職老齢年金』が適用されます。

したがって、働く限り今後も同様の状態です。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

任意(1号)保険の加入期間が、141ヶ月あります。3号は、234ヶ月あります。 老齢基礎年金額は、分かるのですが、任意保険の年金額の計算を...


国民年金は 日本にいないと支給されないのですか? 60歳すぎてから、外国に移住した場合、(例えば外国人との結婚等)、日本にいる場合...


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。 この場合に妻が老...


現在53歳です。 300月払っています。 60歳になっても480月にならないので、出来るだけ480月に近づきたいです。 ど...


老齢基礎年金の受給について。 本年9月で65歳になりますが、現役職員として給与収入(年収X00万以上)を得ております。 勤務時間も通常勤...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です