年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金相談 » 老齢年金Q&A » 年金加入記録と自己計算の違いについて

年金加入記録と自己計算の違いについて


年金加入記録が送られてきました。

自分が年金を納めた期間が、国民年金が307ヶ月、厚生年金が13ヶ月。保険料納付済期間が計320ヶ月なのに、190(国民年金の保険料納付済期間) + 13(厚生年金)、年金加入期間合計203とは、どうしてなのですか?

納付期間25年で年金が貰えると聞いていたのですが、60歳目の前にして、年金は貰えないということですか?

質問日 : 2007年2月9日



Aさんが計算した320ヶ月と年金加入記録203ヶ月では10年近くかけ離れているので、自分の勘違いや計算間違いをしていなければ、役所が間違っているとしか考えられません。

できるだけ早く、社会保険事務所や市区町村役場に問い合わせてください。

そのとき、国民年金保険料の納付書・領収書があれば証拠となるでしょう。

もうひとつ考えられることとして、Aさんには会社員だった期間が13ヶ月ありますが、この入社時、会社に国民年金手帳を提出しなかったために新しい基礎年金番号が付けられた可能性があります。

平成9年1月から始まった制度ですが、平成8年12月以前から公的年金に加入していた方には加入していた制度の年金手帳の記号番号がそのまま基礎年金番号になりました。

ひょっとしたら、この時期に就職したのではないでしょうか?

この場合は、『基礎年金番号重複取消届』という書類を提出して、基礎年金番号を統一しなければなりません。

いずれにしても、早めに社会保険事務所または市区町村役場で、保険料納付済期間の確認をしてください。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

国民年金は 日本にいないと支給されないのですか? 60歳すぎてから、外国に移住した場合、(例えば外国人との結婚等)、日本にいる場合と...


保険料の追加納付が可能か否か。 妻は第3号被保険者で今年の1/XXで60歳になりました。 納付月数は321ヶ月です。 ...


国民年金手帳を紛失しから何年もなります。 また、国民年金は、全額免除してもらっていますが基礎年金はもらえるのでしょうか? 年金...


妻は61歳で40年以上にわたり国民年金保険料を払い続けて、60歳までの第3号被保険者としては終わっていると思っています。 この場合に...


昭和XX年4月から昭和XX年7月まで、大阪市にある(あった)○○工業に勤めていました。 昭和XX年8月に米国の大学院に留学し、そのま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

年金手帳

2019年10月29日、厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが明らかに...

お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキン...

ねんきん定期便

2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社...

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション