年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 高次脳機能障害と障害基礎年金について

高次脳機能障害と障害基礎年金について


以前障害基礎年金を頂いていたのですが、二年前から停止しています。
現状は、ペースメーカー・ICDを埋め込んでいます。
後は、高次脳機能障害を煩っています。

それは、数年前仕事中、心停止し、全てを忘れてしましました。仕事に関しては、高次脳機能障害により、なかなか続かない現状です。
現状ですと、障害基礎年金は出ないのは当たり前なのでしょうか?

質問日 : 2007年2月6日



高次脳機能障害は、一般人だけでなく医師・役人にもなじみが無い障害だけに、障害の認定がされにくい状況であることは確かなようです。

しかし、障害の内容や程度によっては認められます。はじめから諦めず、まずは社会保険事務所や市区町村役場で相談してみてください。

なお、高次脳機能障害で障害認定を受けるためには、精神科の医師の診断書が必要です。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

昨年7月に海外に転出し、国民年金は『カラ期間』として納付していない者ですが、障害者年金に関して質問がございます。 この海外在住のため納付し...


障害基礎年金についてお尋ねします。 現在63歳。 国民年金加入者、各条件は満たしている。 『60歳~65歳の者が障害認定日...


国民障害年金について、障害(障害手帳1級)を持ってから手続きをとった際、市役所(御殿場市)の年金の係りから『未納付期間があり、受給資格がない...


心筋梗塞で現在復職できない状態です。 昨年9月に発病し通院療養中で、身障者4級手帳を受給しています。 この病気により、厚生年金の障...


障害基礎年金を受給しています。 3月に加算改善法で、子の加算の申請手続きをしました。 今日、日本年金機構からはがきが届きまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください