年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 障害年金の失権

障害年金の失権


障害基礎年金・障害厚生年金の受給権は、次のいずれかに該当したときに消滅します。

(1)受給権者が死亡したとき

(2)障害厚生年金3級程度の障害に該当しない受給権者が65歳に達したとき。ただし、65歳に達し日において、3級程度の障害の状態に該当しなくなった日から3年を経過していない場合は、3年経過したとき
国民年金についても障害厚生年金の3級で判断します

(3)新法の障害年金を併給(併合)したとき(従前の障害年金は消滅)



3年失権制廃止とその経過措置

平成6年11月9日までは、障害厚生年金3級に該当しないまま3年経過すると、65歳未満であっても障害年金の受給権を失権しました。

この法改正前の規定によって障害基礎年金、障害厚生年金、旧国民年金法・旧厚生年金保険法・旧船員保険法の障害年金の受給権を失った者を救済するため、法改正後は、次のいずれかの要件を満たした者に対し、障害年金を支給することになっています。

(1)平成6年11月9日において障害等級1級又は2級に該当する程度の障害状態にあるとき

(2)平成6年11月9日の翌日から65歳に達する日の前日までの間おいて、障害等級1級又は2級に該当する障害状態に該当したとき

65歳に達する日の前日までに請求する必要があります。


関連記事

事後重症制度の適用を受けるには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)障害認定日に障害等級(1級・2級)に該当しない程度の障害を有...


障害基礎年金の額は、被保険者期間の長短を問わず定額です。 支給要件を満たせば、加入直後に負った障害に対しても、下記の額が支給されます。 ...


障害等級(1級・2級)に該当しない程度の障害を有する者が、その後、別の新たな傷病(基準傷病)を負い、前後の障害を併合して初めて障害等級1級又...


次の支給要件をすべて満たした場合、初めて2級による障害厚生年金が支給されます。 (1)障害等級1級又は2級に該当しない程度の障害を有してい...


障害厚生年金3級より軽度な障害に対し、一時金として障害手当金が支給されます。 ただし、次の支給要件を全て満たしている必要があります。 (...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です