年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 障害基礎年金・障害厚生年金の失権

障害基礎年金・障害厚生年金の失権


車いす

障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)の失権事由について説明します。



障害基礎年金・障害厚生年金の失権事由

障害基礎年金・障害厚生年金の受給権は、次のいずれかに該当したときに消滅します。

  • 受給権者が死亡したとき
  • 障害厚生年金3級程度の障害に該当しない受給権者が65歳に達したとき。ただし、65歳に達し日において、3級程度の障害の状態に該当しなくなった日から3年を経過していない場合は、3年経過したとき(国民年金についても障害厚生年金の3級で判断します)
  • 新法の障害年金を併給(併合)したとき(従前の障害年金は消滅)

3年失権制廃止とその経過措置

平成6年11月9日までは、障害厚生年金3級に該当しないまま3年経過すると、65歳未満であっても障害年金の受給権を失権しました。

この法改正前の規定によって障害基礎年金、障害厚生年金、旧国民年金法・旧厚生年金保険法・旧船員保険法の障害年金の受給権を失った者を救済するため、法改正後は、次のいずれかの要件を満たした者に対し、障害年金を支給することになっています。

  • 平成6年11月9日において障害等級1級または2級に該当する程度の障害状態にあるとき
  • 平成6年11月9日の翌日から65歳に達する日の前日までの間おいて、障害等級1級または2級に該当する障害状態に該当したとき

65歳に達する日の前日までに請求する必要があります。


関連記事

生きていれば誰でもケガを負ったり、病気に罹ったりします。 今健康でも、交通事故に巻き込まれるかもしれませんし、実は大き...


障害年金の受給条件を判断する場合、「初診日・障害認定日・保険料納付要件」の3つの用語を理解していなければなりません。 ...


傷病により、障害を負うことは不幸なことです。 しかし、世の中には、複数の障害を負ったさらに不幸な人もいます。 そ...


「一般の障害厚生年金の受給要件」で説明しているとおり、第2号被保険者(会社員・公務員)が傷病により障害を負った場合において、...


第2号被保険者(会社員・公務員)が、厚生年金保険の被保険者期間中に傷病を負い、その後に障害等級3級以上の障害になると、「一般...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション