年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 遺族厚生年金の支給停止

遺族厚生年金の支給停止


(1)労働基準法による遺族補償を受けられるときは、死亡の日から6年間、支給停止されます

(2)夫、父母、祖父母に対する遺族厚生年金は、受給権者が60歳に達するまでの間、支給停止されます(若年停止)

(3)子に対する遺族厚生年金は、妻に受給権がある間、支給停止されます。

(4)妻に対する遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった者の死亡について、妻に受給権がなく、子に受給権があるときは、その間支給停止されます。

(5)夫に対する遺族厚生年金は、子に受給権がある間、支給停止されます。

(6)遺族厚生年金の受給権者の所在が1年以上不明なときは、他の受給権者の申請により、その所在が明らかでなくなったときにさかのぼって、その支給を停止されます。

支給を停止された者は、いつでも、支給停止の解除を申請できます。実際の解除は、申請した月の翌月からです。


関連記事

平成30年度の遺族基礎年金の支給額は、779,300円です。 月64,941円で、去年の支給額から月額67円減ります。 ただ...


遺族基礎年金は以下のいずれかに該当した場合に支給停止されますが、その理由がやんだときは支給が再開されます。 ただし、申請しないと支給再開さ...


遺族基礎年金は、条件を満たした夫・妻・子が受給できますが、条件を満たさなくなったら当然に支給されなくなります。 以下のとおり、失権理由もそ...


遺族厚生年金の支給額は、報酬比例の年金額 X 3 / 4で算出します。 この報酬比例の年金額は、老齢厚生年金と同様に計算した額です。 報...


遺族厚生年金と遺族共済年金の支給要件には、短期要件と長期要件があります。 短期要件は、死亡した者の公的年金への加入期間の月数が300未満の...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください