年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金相談 » 年金の基礎知識Q&A » 過去の被保険者期間と納付記録漏れについて

過去の被保険者期間と納付記録漏れについて


今朝、TBSで月~金まで放映している『はなまるマーケット』で、たまたま年金の特集をやっていました。

ひとつ気掛かりなのが、私は現在37歳ですが、社員やパート、アルバイト先を20代の時に10社近く転々(退職理由は自主退職、会社側から解雇を言い渡された等)とした後、結婚して姓が変わりH8年に離婚しました。子供はいません。

これから再婚も考えているのですが、私のようなタイプでも年金は貰えますか。もらうには、今まで勤めていた企業を洗いざらい書かなくてはいけないのでしょうか。

中には、企業やアルバイト先が過去に倒産したのもありましたが、覚えている範囲で書かなくてはいけませんか。



質問日 : 2007年7月2日

まず最初に、国民年金被保険者として過去に納めた保険料がしっかりと記録されているかどうかの確認から始めることが大切です。国民年金手帳を持って市区町村役場で確認するか、社会保険庁・社会保険事務所に問い合わせることが賢明でしょう。

アドバイス————
国民年金の加入履歴を全員に通知することが決定したので、その通知を待ちましょう。

また、社会保険庁のサイトから年金加入記録の照会および年金見込額試算(50歳以上の方のみ)を求めることができます。ご心配の方はご利用してはいかがでしょうか。ただし、あらかじめ公的個人認証サービス等の電子証明書を取得する必要があり、結果が届くまでに1週間程度かかります。
——————–

過去の仕事については、社員なら第2号被保険者として給料から厚生年金保険料が天引きされていますが、パートやアルバイト、短期の派遣社員の場合は自分で国民年金保険料を納めなければなりません。したがって、パートやアルバイトの期間に納めたことは自分で証明する必要があります。

結婚していた期間についてですが、その期間については、結婚相手が社員(第2号被保険者)なら、Aさんは第3号被保険者として保険料を納めていたことになります。

今現在の状態がわからないので、上記のように判断していただくとして、これらと市区町村役場で確認してきた納付記録を比べれば、納付記録漏れがわかると思います。

なお、老齢基礎年金を受給するには、保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間を合算した期間が25年以上必要です。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

年金を払っていても働いていないと確定申告で税金戻らないのでしょうか? 質問日 : 2010年5月11日 [myphp file...


会社を退職し厚生年金から国民年金に変更したのですが、国民年金手帳(青)はいつ貰えるのでしょうか? 質問日 : 2010年1月5日 ...


外国人なんですが、母国で個人事業者になっていて、向こうで国民年金を払っています。 日本でお仕事をする場合、日本での保険料を払うことに...


父が死亡しました。 厚生年金の受給を受けていました。 届け出が必要と思いますが、どのような書類を提出すれば宜しいでしょうか。...


過去に厚生年金に加入し支払いをしていましたが手帳紛失してしまい、次の職場で再発行していただきましたが、そこでは、国民年金に再発行しました。...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

年金手帳

2019年10月29日、厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが明らかに...

お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキン...

ねんきん定期便

2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社...

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション