年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » » 付加年金の加入手続きについて

付加年金の加入手続きについて


国民年金の付加年金に加入したい時は、どのようにしたら良いのでしょうか?

現在57才6ヶ月です。

質問日 : 2009年2月19日



付加保険料納付の手続きは、お住まいの地域を管轄する市区町村役場で行います。年金手帳、そして、本人でない場合は認印をご持参ください。

職員の方に付加年金へ加入したい旨を伝えると、『国民年金付加保険料納付申出書』を渡されるので、必要事項を書き込みます。氏名・住所等、基本的な情報なのですぐに終わるでしょう。

記入後、確認し、間違いがなければ職員の方に手渡します。付加保険料納付の手続きは、それで完了です。

暫くすると納付書が送られてくるので、金融機関やコンビニで保険料を納めてください。

Aさんの場合、57才6ヶ月ということで、保険料を納めることができる期間が限られています。したがって、できるだけ早く手続きした方が良いでしょう。

もし、60歳から65歳まで任意加入すれば、その期間も付加保険料を納めることができます。質問文にそのような情報はないので、当サイト等を参考に、ご自身で判断してください。

最後に、Aさんは女性(※質問文では省略してあります)ですが、ご主人が第2号被保険者で、その扶養に入っている場合は付加保険料を納付できません。納付資格があるのは、第1号被保険者のみです。注意してください。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

主人が結婚前より『付加年金』に加入しています。 ホームページの赤字だけしか読んでいないのですが、簡単に解釈すると、『月額400円』の...


先日、年金定期便が届き、内容を確認したのですが、付加年金を毎回必ず払っていたはずなのですが、平成15年2月分と、平成16年12月、1月、2...


小生62歳の者で現在年金を頂いておりますが、常々疑問に思うのは、今までに送られてきた書類には納付した付加年金の支給金額について一度として何...


国民年金に加え付加年金に加入したいのですが、どちらに申し込めばよろしいでしょうか? また小額で付加できるところが魅力ですが、月々の年...


同居の父母が現在、国民年金を受給しております。 付加年金ができた当初から納税組合を通じ納付していましたが(両親共)給付されていないよ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション