年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 遺族厚生年金の失権

遺族厚生年金の失権


遺族厚生年金の支給期間中でも、以下のいずれかに該当した場合は失権します。

この失権とは、一度該当するとその状態が解消しても二度と支給されないという意味なので、後で困らないようにあらかじめ失権理由を理解しておきましょう。



遺族厚生年金の支給期間

遺族厚生年金は、死亡日の属する月の翌月から、支給停止事由に該当した日の属する月まで支給されます。

ただし、支給停止事由に該当した場合は、その間、支給されません。

全受給権者に共通の遺族厚生年金の失権事由

(1)死亡したとき

(2)婚姻したとき(事実上の婚姻関係を含む)
結婚後に離婚しても、一度失権しているので、受給権者とはなれません

(3)直系血族又は直系姻族以外の養子となったとき(事実上の養子縁組関係を含む)

(4)離縁によって、死亡した被保険者又は被保険者であった者との親族関係が終了したとき

妻に特有の遺族厚生年金の失権事由

妻に対する遺族厚生年金の受給権は、上記のすべての被保険者に共通の失権事由に加え、次のいずれかに該当したときにも消滅します。

(1)30歳未満で遺族厚生年金のみの受給権を取得した日から5年を経過したとき
つまり、同一の支給事由に基づく老齢基礎年金の受給を取得しないとき

(2)同一の支給事由に基づく遺族基礎年金・遺族厚生年金を受給している妻が、30歳に達する日前に遺族基礎年金のみの受給権を失った場合は、その日から5年を経過したとき



子又は孫に特有の遺族厚生年金の失権事由

子又は孫に対する遺族厚生年金の受給権は、上記のすべての被保険者に共通の失権事由に加え、次のいずれかに該当したときにも消滅します。

(1)18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき
ただし、障害等級1級又は2級に該当する障害状態にあるときは20歳に達したとき

(2)1級又は2級に該当する障害状態にある者が、18歳到達年度末後20歳に達するまでの間に、障害の程度が1級又は2級に該当しなくなったとき

父母、孫、祖父母に特有の遺族厚生年金の失権事由

父母、孫、祖父母に対する遺族厚生年金の受給権は、上記の失権事由に加え、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時胎児であった子が出生したときに消滅します。


関連記事

(1)労働基準法による遺族補償を受けられるときは、死亡の日から6年間、支給停止されます (2)夫、父母、祖父母に対する遺族厚生年金は、受給...


下記の要件を満たす夫・妻又は子に遺族基礎年金が支給されます。 [myphp file='ads1'] 夫・妻の要件 夫・妻(事実上婚姻...


被保険者又は被保険者であった者が死亡した場合において、下記のいずれかの支給要件を満たしていれば、遺族厚生年金が支給されます。 この支給要件...


遺族基礎年金は、条件を満たした夫・妻・子が受給できますが、条件を満たさなくなったら当然に支給されなくなります。 以下のとおり、失権理由もそ...


被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時(失踪の宣告を受けた場合は行方不明となった当時)、その者によって生計を維持していた次の者に遺族厚生...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です