年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 年金の基礎知識 » 年金生活者支援給付金の受給条件・手続き

年金生活者支援給付金の受給条件・手続き


5000円札

世界経済の悪化等を理由に何度も先延ばしされてきた消費増増税が、2019年10月から実施されることが決まりました。

現行8%の消費税が、10%にアップします。

一応、軽減税率が採用されるため、生活必需品は8%のままですが、生活必需品だけを購入して生活するわけではないので、家計に与える影響は少なくありません。

特に、年金生活者には厳しい状況です。

そこで、消費税増税に伴い、経済的弱者を助ける目的で『年金生活者支援給付金』の支給が決まりました。



『年金生活者支援給付金』とは?月額いくら?

2019年10月の消費増税は、数字だけ見ると2%のアップとわずかですが、すでに8%まで積み上がっての2%アップなので、かなり厳しいです。

低所得者ほど、消費増税の影響を受けます。

そこで、日本政府は、一定の条件を満たす年金生活者に対して、消費増税分を補う月額5000円の支給を決めました。

これが、『年金生活者支援給付金』です。

『年金生活者支援給付金』の受給条件(高齢者)

高齢者が『年金生活者支援給付金』の支給を受けるには、次の受給条件をすべて満たさなければなりません。

『年金生活者支援給付金』の受給条件

  • 65歳以上で老齢基礎年金を受給していること
  • 前年の公的年金を含む所得の合計が、88万円以下であること
  • 同一世帯の全員が市町村民税非課税であること

高齢者への『年金生活者支援給付金』の支給額は、月額5000円です。



『年金生活者支援給付金』の受給条件(障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者)

障害基礎年金または遺族基礎年金の支給を受けている者が『年金生活者支援給付金』の支給を受けるには、次の受給条件をすべて満たさなければなりません。

『年金生活者支援給付金』の受給条件

  • 障害基礎年金または遺族基礎年金を受給していること
  • 前年の所得が、462.1万円以下であること ※障害年金・遺族年金は含みません

障害等級2級の方と遺族の方には月額5000円が支給され、障害等級1級の方には月額6250円が支給されます。

『年金生活者支援給付金』の受給手続き

『年金生活者支援給付金』は、受給手続きをしなければ支給されません。

対象者には、薄い黄緑色の封筒が届くので、中に入っている『年金生活者支援給付金請求書』に「氏名・フリガナ・電話番号など」を記入して、日本年金機構に返送してください。

2019年4月1日において国民年金を受給している者に対しては、2019年12月中旬が初回の支給日となりますが、10月18日までに返送する必要があります。

手続きは簡単なので、後回しにせず、封筒が届いたらすぐに手続きすることを心掛けましょう。


関連記事

公的年金制度の第2号被保険者について、分かりやすく解説します。 第2号被保険者は、勤め先の会社等が手続きをし、厚生年金...


年金制度の第1号被保険者は、20歳から60歳までの40年間、国民年金に加入して保険料を自分で納付しなければなりません。 ...


年金は、「一定の年齢に達した時に老齢年金」「一定の障害を負った時に障害年金」「被保険者等が亡くなった時に遺族年金」が支給され...


大学は4年制ですし、一度社会人になってから大学や短大、専門学校に通う人もいるため、20歳以上の学生はたくさんいます。 ...


公的年金制度(国民年金・厚生年金保険)は強制加入ですが、どうして加入を義務化されているか知っていますか? それは、世代...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

年金手帳

2019年10月29日、厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが明らかに...

お年寄り

2019年10月に発表された「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数ランキン...

ねんきん定期便

2019年10月8日、公正取引委員会が、東京や大阪に本社がある印刷業者約20社...

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション