年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 一般の障害厚生年金の受給要件

一般の障害厚生年金の受給要件


車いす

第2号被保険者(会社員・公務員)は、厚生年金保険に加入しています。

この厚生年金保険の保険給付は、国民年金の給付と対を成しており、会社員や公務員が障害を負った場合、障害厚生年金が支給されます。

会社員や公務員が障害を負うと、仕事を続けられなくなる可能性もあり、大黒柱であれば家計を大きく直撃することは間違いありませんが、この障害厚生年金で最低限の収入を確保できるのです。

なお、障害厚生年金には、「一般の障害厚生年金」「事後重症による障害厚生年金」「はじめて2級による障害厚生年金」の3種類がありますが、以下は、「一般の障害厚生年金」の受給要件となっています。



一般の障害厚生年金を受給するには?

「一般の障害厚生年金」の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 初診日厚生年金保険の被保険者であること
  • 障害認定日において、厚生年金保険の障害等級(1級・2級・3級)に該当する程度の障害の状態にあること
  • 保険料納付要件を満たしていること

基本的には、「一般の障害基礎年金の受給要件」と同じです。

ただし、国民年金の場合、被保険者資格を喪失した後の障害に対しても、一定の要件を満たせば障害基礎年金が支給されますが、厚生年金保険の場合、会社を退職した後に負った障害に対しては、障害厚生年金支給の対象とはなりません。

これは、しっかり覚えておく必要があります。

また、障害基礎年金が1級と2級に対し、障害厚生年金は1級~3級まであり、1級と2級に関しては、合わせて支給されます。

その際、障害基礎年金と障害厚生年金の併合改定が行われるため、支給される障害年金の等級は必ず同じです。

つまり、「障害基礎年金1級、障害厚生年金2級」というように、違う等級になることはありません。


関連記事

障害基礎年金は1級と2級の2種類がありますが、判断する人によって違いが生じてはいけないため、基準がしっかりと定められています...


障害年金の受給条件を判断する場合、「初診日・障害認定日・保険料納付要件」の3つの用語を理解していなければなりません。 ...


障害基礎年金の1級・2級に対し、障害厚生年金は1級から3級まであり、より多くの障害者が年金を受けられるようになっています。 ...


第1号被保険者は、20歳から60歳までの40年間に渡り、国民年金への加入が義務付けられています。 受給要件を満たせば、...


障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)の失権事由について説明します。 [myphp file='ads1'] 障...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください