年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 一般の障害厚生年金

一般の障害厚生年金


障害厚生年金の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。

(1)初診日に厚生年金保険の被保険者であること
国民年金の場合、被保険者資格を喪失した後の障害に対しても、一定の要件を満たせば障害基礎年金が支給されますが、厚生年金保険の場合、会社を退職した後に負った障害に対しては、障害厚生年金支給の対象とはなりません。

(2)障害認定日において、厚生年金保険の障害等級(1級・2級・3級)に該当する程度の障害の状態にあること

(3)保険料納付要件を満たしていること
第1号被保険者期間に保険料を長く滞納していて保険料納付要件を満たしていない者が、就職して第2号被保険者期間となった直後に障害を負った場合、障害基礎年金・障害厚生年金ともに支給されません。



障害厚生年金の等級は1級から3級まであり、1級と2級に関しては、国民年金の障害基礎年金と併せて支給されます。

その場合、障害基礎年金と障害厚生年金の併合改定が行われるため、支給される障害年金の等級は同じとなります。


関連記事

事後重症制度の適用を受けるには、次の要件をすべて満たす必要があります。 (1)障害認定日に障害等級(1級・2級・3級)に該当しない程度の障...


国民年金は20歳からの加入となるため、それ以前の障害に対しては、本来、年金が支給されません。 しかし、社会福祉的観念から、国民年金ではこの...


障害厚生年金3級より軽度な障害に対し、一時金として障害手当金が支給されます。 ただし、次の支給要件を全て満たしている必要があります。 (...


次の支給要件をすべて満たした場合、初めて2級による障害厚生年金が支給されます。 (1)障害等級1級又は2級に該当しない程度の障害を有してい...


複数の障害を負っている場合は、複数分の障害年金がもらえるわけではなく、それらの障害等級すべてを勘案して1つの年金が支給されます。 その場合...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です