年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
HOME » 障害給付 » 一般の障害厚生年金の受給要件

一般の障害厚生年金の受給要件


車いす

第2号被保険者(会社員・公務員)は、厚生年金保険に加入しています。

この厚生年金保険の保険給付は、国民年金の給付と対を成しており、会社員や公務員が障害を負った場合、障害厚生年金が支給されます。

会社員や公務員が障害を負うと、仕事を続けられなくなる可能性もあり、大黒柱であれば家計を大きく直撃することは間違いありませんが、この障害厚生年金で最低限の収入を確保できるのです。

なお、障害厚生年金には、「一般の障害厚生年金」「事後重症による障害厚生年金」「はじめて2級による障害厚生年金」の3種類がありますが、以下は、「一般の障害厚生年金」の受給要件となっています。



一般の障害厚生年金を受給するには?

「一般の障害厚生年金」の支給を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 初診日厚生年金保険の被保険者であること
  • 障害認定日において、厚生年金保険の障害等級(1級・2級・3級)に該当する程度の障害の状態にあること
  • 保険料納付要件を満たしていること

基本的には、「一般の障害基礎年金の受給要件」と同じです。

ただし、国民年金の場合、被保険者資格を喪失した後の障害に対しても、一定の要件を満たせば障害基礎年金が支給されますが、厚生年金保険の場合、会社を退職した後に負った障害に対しては、障害厚生年金支給の対象とはなりません。

これは、しっかり覚えておく必要があります。

また、障害基礎年金が1級と2級に対し、障害厚生年金は1級~3級まであり、1級と2級に関しては、合わせて支給されます。

その際、障害基礎年金と障害厚生年金の併合改定が行われるため、支給される障害年金の等級は必ず同じです。

つまり、「障害基礎年金1級、障害厚生年金2級」というように、違う等級になることはありません。


関連記事

障害基礎年金の1級・2級に対し、障害厚生年金は1級から3級まであり、より多くの障害者が年金を受けられるようになっています。 ...


障害基礎年金は1級と2級の2種類がありますが、判断する人によって違いが生じてはいけないため、基準がしっかりと定められています...


障害厚生年金の金額についてお知らせします。 障害厚生年金は、要件に該当する配偶者がいる場合、加算されます。 [m...


「一般の障害厚生年金の受給要件」で説明しているとおり、第2号被保険者(会社員・公務員)が傷病により障害を負った場合において、...


第2号被保険者(会社員・公務員)が、厚生年金保険の被保険者期間中に傷病を負い、その後に障害等級3級以上の障害になると、「一般...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

年金手帳

コロナ禍の中で、安倍政権が年金改革を進めていることをご存知ですか?特に重要な年...

年金手帳

新型コロナウイルスで失業した人、一定額以上収入が減った人は、国民年金保険料の免...

年金手帳

新型コロナウイルスの影響で失業等して国民年金保険料を納められなくなった場合は、...

株価暴落

新型コロナウイルスが世界中に伝播したことにより、世界経済への悪影響が懸念されて...

シニア

厚生労働省が、2019年11月13日の社会保障審議会年金部会で、在職老齢年金の...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション