年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 海外在住中の障害年金について

海外在住中の障害年金について


昨年7月に海外に転出し、国民年金は『カラ期間』として納付していない者ですが、障害者年金に関して質問がございます。

この海外在住のため納付していない時期に障害者になった場合、障害者年金は支払われるのでしょうか?

保険料納付要件の1番に、『初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、その被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が、その被保険者期間の3分の2以上あること』とありますが、現在海外在住中につき納付していなくても、過去の被保険者期間の3分の2以上支払っていれば、障害者になった場合に年金はいただけるのでしょうか。

要件の3番で、『初診日が平成28年4月1日前にあるときは、65歳未満であれば、初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料を滞納した期間がなければよい』とありますが、海外在住で納付していないことは、滞納には当たりませんよね?

もし、任意加入していなければ障害者年金はもらえないということであれば任意加入を検討したいと思っておりますが、海外にいる状態で郵送などの手段で任意加入する方法を教えていただけますか?

質問日 : 2006年5月22日



海外に住むことになり転出届を出しますと、該当した日の翌日に国民年金の被保険者資格を失います。

よって、支給要件の『初診日に被保険者であること、または、被保険者であった者であって日本国内に住所を有し60歳以上65歳未満であること』の条件を満たさず、海外在住中の障害については、年金の支給はありません。

海外在住中の障害について年金をもらうためには任意加入する必要があります。任意加入の手続きにつきましては、日本の最後の住所地でご家族などにやってもらってください。もし、手続きをしてくれる方がいないときは「社団法人日本国民年金協会」へ手続きを依頼してください。

法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

翌月で64歳になります。 年金支払いは54歳まで厚生年金(32年間)、54歳以降60歳まで国民年金を支払い続けてきました。 実...


現在65歳で厚生年金・国民年金を受給しています。 53歳で糖尿病になり現在糖尿病腎症2度です。 将来、透析が必要になるかも知れ...


障害基礎年金を受給しています。 3月に加算改善法で、子の加算の申請手続きをしました。 今日、日本年金機構からはがきが届きまし...


現在、障害2級で給付を受けていますが(1級になる可能性も有り)、これはいつまで給付を受ける事が出来るのでしょうか。 質問日 : 20...


心筋梗塞で現在復職できない状態です。 昨年9月に発病し通院療養中で、身障者4級手帳を受給しています。 この病気により、厚生...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

5000円札

消費増税に伴い、低所得の年金生活者等を対象に、2019年12月から月額5000...

委任

第1号被保険者等が、自分で年金の手続きや相談をできないときは、代理人に任せるこ...

老夫婦

将来、年金がいくらもらえるかを、夫婦世帯の場合、一人暮らし世帯の場合で説明いた...

日経平均株価

GPIFは、国民年金と厚生年金保険の積立金の管理・運用を行っている厚生労働省所...

日本年金機構本部

日本年金機構の不祥事・問題をまとめました。社会保険庁時代から、不祥事・問題を繰...

保険給付

年金一般

年金相談

インフォメーション