年金についての疑問・悩み・問題を解決できる情報満載です。質問にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » » 1日生まれの者の国民年金保険料について

1日生まれの者の国民年金保険料について


娘が昭和63年11月1日生まれで無収入ですが、20才になる平成20年10月の保険料の請求がきています。

20才になる前の保険料は払う必要はないと判断しています。間違っていますか?

このようなことが何故起こるのか理解できません。

質問日 : 2009年4月10日



Aさんのおっしゃる通り、20歳未満の場合は、会社勤めしていれば国民年金の被保険者ですが、自営業者や無職であれば被保険者ではないので保険料を納める必要はありません。

しかし、Aさんの娘さんは、平成20年10月の時点で20歳に達しているので、10月分の国民年金保険料を納付する必要があります。

なぜか?
それは、法律上で20歳に達したときとは、誕生日の前日を指すからです。

したがって、ほとんどの方は問題ありませんが、1日生まれの方は前月の最終日に20歳に達したとみなされるので注意が必要です。

分かりにくいですが、法律で決まっている以上、仕方ありません。

ひと月早く納付が始まるだけで、納める期間は変わりません。ご安心ください。


法改正により、回答時と閲覧時で答えた内容が変わっている場合があるので、改めてご確認ください。

関連記事

すみません。お尋ねします。 私は今、結婚しようと思っている人がいますが、彼は定職をもっておらず、バイトみたいなもので生計を立てています。 ...


義理の父親が浪費癖のため、妻に年金の管理をさせたいのですが、年金の振込先銀行は本人以外の名義でも大丈夫でしょうか? また、その際に...


受給資格期間が25年以上とありますが、免除の期間も25年の中にはいるのでしょうか? 質問日 : 2006年8月5日 [myphp...


私は中学卒業後から2年前ほどまでアメリカに住んでいました。 国民年金を払う年齢(20歳)になったときもアメリカにいたため、全然国民年金のこ...


離婚後、国民年金になったんですが、収入が少ないので全額免除にしてもらったんですが、4年経ってこのままだと不安になったので、少しずつ払っていき...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です