年金についての「疑問・悩み・問題」を解決できる情報満載です。過去に頂いた年金相談にも回答しているので、是非、参考にしてください。
年金ノート
» » 国民年金を満額もらうには?

国民年金を満額もらうには?


国民年金

「国民年金保険料の免除を受けた場合」や「国民年金保険料を滞納した場合」などは、将来、老齢基礎年金が減額支給されます。

しかし、後から満額受給を望む人も多いでしょう。

そこで、国民年金を満額もらう方法を紹介します。



国民年金の満額とは?

世間一般で言われる「国民年金の満額」とは、「老齢基礎年金の満額」のことを意味します。

障害基礎年金と遺族基礎年金は定額です。

しかし、老齢基礎年金は、20歳から60歳までの40年間(480月)に渡り国民年金保険料を納付した場合に満額が支給され、保険料の免除や滞納がある場合は減額支給されます。

実際、この40年間は、第1号被保険者は国民年金保険料を自己負担、第2号被保険者は厚生年金保険料を事業主と折半負担、第3号被保険者は納付不要です。

老齢基礎年金を満額受給できない原因

老齢基礎年金を満額受給できない原因は、次のとおりです。

過去に上記の期間がある方は、国民年金を満額受給できません。



後から国民年金を満額もらえるようにする方法

経済的理由もあり、その時はやむを得ず国民年金保険料を納付できなくても、後に、「国民年金を満額受給したい!」と思う方もいると思います。

その場合は、次の方法により国民年金を満額に近づけることが可能です。

(1)免除を受けた未納保険料を追納する
免除の場合、10年前までさかのぼって納付できますが、3年以上経っていると加算額が必要です。
(2)滞納している国民年金保険料を納付する
国民年金保険料を滞納すると、時効により2年前までの保険料しか納付できなくなり、しかも、最大で年14.6パーセントの延滞金が徴収されます。
(3)60歳から65歳まで任意加入する
本来、国民年金への加入は60歳までですが、老齢基礎年金が支給されるまでの空白期間である60歳から65歳まで任意加入することが可能です。任意加入の場合、その時の保険料額で済むので助かるでしょう。

なお、老齢基礎年金の繰上げ請求をした場合、追納はできなくなるので気をつけてください。

そして、上記の方法で国民年金保険料を納付しきれない場合は、残念ながら、国民年金を満額受給することはできません。


関連記事

在職老齢年金(65歳以上)について、受給要件・支給額・支給停止を説明いたします。 老齢厚生年金は、働いて一定額以上稼ぐ...


厚生年金保険料は、給料と賞与をベースに算出しているため、人ごとに納付している保険料額が異なります。 そして、たくさん稼...


老齢基礎年金は、老後の生活費となる大切な収入です。 したがって、老齢基礎年金の満額やいくら支給されるか、あらかじめ知っ...


65歳から支給を受けることができる老齢基礎年金ですが、諸々の事情により、それよりも早く年金をもらいたい方もいると思います。 ...


第1号被保険者が納付する国民年金保険料は、すべての人が同じ金額となっています。 一方、第2号被保険者が納付する厚生年金...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください